2016年

1月

25日

太陽の道づくり フランスが取り組むソーラーロード大作戦

COP21をきっかけにパリから広がるソーラーロード © COLAS – Joachim Bertrand
COP21をきっかけにパリから広がるソーラーロード © COLAS – Joachim Bertrand

京都議定書の約束期間だった頃、自国の都市の名を掲げた議定書で世界が動いているのだから、日本は積極的に地球温暖化対策をとるべきだという声が多く聞かれた。

京都議定書の約束期間が終わり、そのかわりに誕生したのがパリ協定だ。先進国だけの削減目標だった京都議定書と違って世界200か国近くが参加するものとなった。

さて、そうなるとフランスが何をやるかに注目が集まる。今月20日、そんな期待を受けてセゴレーヌ・ロワイヤル環境相が発表したのがフランスの道路のソーラー化だった。

この事業の中心になると考えられるのはフランスのCOLAS社。ワットウェイ(Watway)と名づけられたプロジェクトからの情報によれば、ハードな使用に耐えうる太陽光パネルを1km道路に敷き詰めると、5,000世帯分の電力がまかなえるのだという(暖房は除く)。この5年の間にフランス国内に1,000キロのソーラーロードをつくるという。計画通りにいけば発電する電気は500万世帯分となる。

当然、問題になるのがその予算の手当てだ。ロワイヤル環境相はそのために石油やガスの税金をあげる検討をしているという。パリ協定で方向づけられた脱化石&再生可能エネルギー化がここでも鮮明に表されている格好だ。

ヨーロッパの街並みと言えば石畳を思い浮かべる人が多いと思う。だが、未来の子どもたちはソーラーパネルが敷き詰められた道路のことを思い描くようになるのかもしれない。

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

www.eco-online.org Blog Feed

2016年、ヨーロッパで開発された電気は9割が自然エネルギーに! (水, 22 2月 2017)
>> 続きを読む

自然エネルギーは美しく進化する! ハチドリのような風車が誕生 (水, 15 2月 2017)
>> 続きを読む

2020年、太陽光発電と電気自動車によって化石燃料はピークを迎える! (金, 10 2月 2017)
>> 続きを読む

石炭を禁止する最初の国に! フィンランド (月, 30 1月 2017)
>> 続きを読む

世界の名だたる企業が再エネ100%にチャレンジ! すでに11社が達成 (金, 27 1月 2017)
>> 続きを読む

インドに世界最大の太陽光発電所が続々誕生! (木, 26 1月 2017)
>> 続きを読む

太陽光発電はあと10年で石炭より安くなる! (日, 22 1月 2017)
>> 続きを読む

スウェーデンは2040年、再生可能エネルギー社会へ完全移行 (金, 20 1月 2017)
>> 続きを読む

トランプ旋風なんのその。気候変動、クリーンエネルギー満載のダボス会議が開幕 (月, 16 1月 2017)
>> 続きを読む

大統領が変わってもクリーンエネルギーの勢いは止まらない! オバマ氏が論文を発表 (水, 11 1月 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る