発電するコンテナが電動バイクをネットワークする未来

カレントモーターのウェブより
カレントモーターのウェブより

アメリカのミシガン州のベンチャーカレントモーターMini-fleet-in-a-Boxという商品を開発した。

4台の電動バイクとコンテナ型のソーラー格納庫から構成されるもので、バイクがしっかりと固定できるようになっているため、トラック、鉄道、船舶、ヘリコプター等で容易に運ぶことができる。その場に太陽の光さえあればクリーンで燃料のいらない移動を確保することが可能だ。

ソーラー格納庫は総量で2.4kWの出力をもつ12枚のパネルを外部に装備。庫内には発電された電気を蓄電する22kWhの蓄電池を持つ。そのシステムは遠隔で管理できる仕組みになっている。被災地や途上国での活用を想定し、電動バイクはギア、ベルト、チェーンを持たず故障にも強い。GPSの機能も持ち、位置情報の把握もできるようになっている。

私たちがよく目にする太陽光発電は同じ場に設置され、ずっと電力網につながるものがほとんどだ。だが、被災時や途上国での活用では、こうしたコンパクトで独立電源のタイプが主流になっていくだろう。まだまだ自然エネルギーイノベーションは始まったばかりだ。

<参照リンク>
Current Motor

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

Recent article in Treehugger, thanks Terry Richards!

Posted by Current Motor Company on 2016年2月6日

www.eco-online.org Blog Feed

里山バイオガスで世界をつなごう! 上岡理事長チェンマイを行く ~2~ (火, 30 5月 2017)
>> 続きを読む

里山バイオガスで世界をつなごう! 上岡理事長チェンマイを行く ~1~ (火, 23 5月 2017)
>> 続きを読む

グリーン経済のメッカに! 米アイオワ州最大の電力会社の再エネ100%チャレンジ! (月, 01 5月 2017)
>> 続きを読む

脱炭素社会の実現に向けて、具体的なアプローチを提言 (水, 19 4月 2017)
>> 続きを読む

シカゴ市が再生可能エネルギー100%を宣言! (月, 17 4月 2017)
>> 続きを読む

<体験レポート>草刈りの苦労を軽減する営農型発電を地域活力に繋げたい! (火, 11 4月 2017)
>> 続きを読む

【自然エネルギーで世界をつなごう!】森林破壊が進むマダガスカル 里山エネルギースクール開設へ! (水, 05 4月 2017)
>> 続きを読む

【事務局体験レポート】 芝浦工業大学でバイオマス・ソーラーハイブリッド電源車を体験 (火, 07 3月 2017)
>> 続きを読む

世界銀行によるクリーンエネルギー通信簿 トップはデンマーク、さて日本は? (月, 27 2月 2017)
>> 続きを読む

2016年、ヨーロッパで開発された電気は9割が自然エネルギーに! (水, 22 2月 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る