2016年

2月

12日

発電するコンテナが電動バイクをネットワークする未来

カレントモーターのウェブより
カレントモーターのウェブより

アメリカのミシガン州のベンチャーカレントモーターMini-fleet-in-a-Boxという商品を開発した。

4台の電動バイクとコンテナ型のソーラー格納庫から構成されるもので、バイクがしっかりと固定できるようになっているため、トラック、鉄道、船舶、ヘリコプター等で容易に運ぶことができる。その場に太陽の光さえあればクリーンで燃料のいらない移動を確保することが可能だ。

ソーラー格納庫は総量で2.4kWの出力をもつ12枚のパネルを外部に装備。庫内には発電された電気を蓄電する22kWhの蓄電池を持つ。そのシステムは遠隔で管理できる仕組みになっている。被災地や途上国での活用を想定し、電動バイクはギア、ベルト、チェーンを持たず故障にも強い。GPSの機能も持ち、位置情報の把握もできるようになっている。

私たちがよく目にする太陽光発電は同じ場に設置され、ずっと電力網につながるものがほとんどだ。だが、被災時や途上国での活用では、こうしたコンパクトで独立電源のタイプが主流になっていくだろう。まだまだ自然エネルギーイノベーションは始まったばかりだ。

<参照リンク>
Current Motor

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

Recent article in Treehugger, thanks Terry Richards!

Posted by Current Motor Company on 2016年2月6日

www.eco-online.org Blog Feed

2016年、ヨーロッパで開発された電気は9割が自然エネルギーに! (水, 22 2月 2017)
>> 続きを読む

自然エネルギーは美しく進化する! ハチドリのような風車が誕生 (水, 15 2月 2017)
>> 続きを読む

2020年、太陽光発電と電気自動車によって化石燃料はピークを迎える! (金, 10 2月 2017)
>> 続きを読む

石炭を禁止する最初の国に! フィンランド (月, 30 1月 2017)
>> 続きを読む

世界の名だたる企業が再エネ100%にチャレンジ! すでに11社が達成 (金, 27 1月 2017)
>> 続きを読む

インドに世界最大の太陽光発電所が続々誕生! (木, 26 1月 2017)
>> 続きを読む

太陽光発電はあと10年で石炭より安くなる! (日, 22 1月 2017)
>> 続きを読む

スウェーデンは2040年、再生可能エネルギー社会へ完全移行 (金, 20 1月 2017)
>> 続きを読む

トランプ旋風なんのその。気候変動、クリーンエネルギー満載のダボス会議が開幕 (月, 16 1月 2017)
>> 続きを読む

大統領が変わってもクリーンエネルギーの勢いは止まらない! オバマ氏が論文を発表 (水, 11 1月 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る