· 

アフリカゾウの悲劇 残されたクニズナゾウはあと一頭に!?

A feeding Knysna elephant by Hylton Herd (SANParks)
A feeding Knysna elephant by Hylton Herd (SANParks)

象牙を狙った密猟が後を絶たないアフリカゾウ。

南アフリカでも、移住者による狩猟と生息地が農地に奪われることで、多くのアフリカゾウの命が奪われてきた。

アフリカの南端クニズナ地方には、アフリカゾウの一種クニズナゾウが生息している。数千頭はいたと言われる彼らだが、1950年代には10頭を切り、最近ではハンターから逃れる術を身につけた彼らの生存数を正確に把握することが難しくなっていた。

今回、南アフリカ国立公園とネルソンマンデラ大学などの協力で行われた調査によって、クニズナゾウの生存数が把握できたという。残されていたのは45歳の雌のゾウ、たった一頭だった。

1年3か月にわたったこの調査では、南アフリカ国立公園を中心にした自然林や灌木地にカメラを仕込み、クニズナゾウの姿を追いかけた。

移動ルートに変化の少ないアフリカゾウの習性を生かしてカメラの死角がないように配置。そのカメラに映ったのが140のアフリカゾウの映像。同じ雌のゾウが一頭で移動する姿だった。

アフリカゾウは群れをつくって生活する。ここ数年で出産した様子もないことから、残されたのがこの一頭だと推察されている。

過去、保全の取り組みとして他地域のアフリカゾウを導入したこともあるが、クニズナの自然環境に順応できずに失敗に終わっている。

雌のアフリカゾウは65歳を越えて生きるものが多い。
彼女はこれから20年、絶滅を目前にしたクニズナゾウとして、さびしく生き続けなければならないのだ。

<参照リンク>
Research confirms female elephant in the Knysna forest
African Journal of Wildlife Research - And Then There Was One

翻訳・文 / エコロジーオンライン編集部

www.eco-online.org Blog Feed

【RADIO SAKAMOTO】Fridays For Future 金曜日を未来のために! (月, 04 3月 2019)
>> 続きを読む

海洋のプラスチック汚染の解決になんとホヤが活躍! (Thu, 21 Feb 2019)
>> 続きを読む

昆虫の大量絶滅が話題! フランスではハチの大量死の原因となる殺虫剤を使用禁止に (Wed, 20 Feb 2019)
>> 続きを読む

遺伝子組み換え食品と向き合った母娘を描いた「たねと私の旅」を応援しています。 (Wed, 20 Feb 2019)
>> 続きを読む

世界に広がる子どもたちの気候ストライキ イギリスでは数千人が参加!? (Mon, 11 Feb 2019)
>> 続きを読む

アフリカゾウの悲劇 残されたクニズナゾウはあと一頭に!? (Fri, 08 Feb 2019)
>> 続きを読む

北極・南極に続く第三の極「ヒンドゥークシュ」に忍び寄る危機 (Thu, 07 Feb 2019)
>> 続きを読む

温暖化なのになぜアメリカは凍えるのか? (Thu, 31 Jan 2019)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(21) 地球温暖化が貧しい人たちの命を脅かす理由とは? (Tue, 29 Jan 2019)
>> 続きを読む

海の温暖化が止まらない。南極の氷は溶け、2018年は過去最高を記録 (Fri, 18 Jan 2019)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る