· 

エネルギー生産のメッカ テキサスで風力が石炭火力を追い越す!

テキサスの風車群 Drew Kolb  / CC BY-NC 2.0
テキサスの風車群 Drew Kolb / CC BY-NC 2.0

全米トップの発電実績を誇るテキサスで風力発電が初めて石炭火力を追い越したことをCNNが伝えている。

この記事によれば、2019年上半期のテキサスの総発電量の22%が風力発電、21%が石炭火力だった。

Wind is outpacing coal as a power source in Texas for the first time

16年前、テキサス州の電力に占める石炭火力の割合は4割。それにくらべ風力はわずか0.8%だった。

その後、2010年には8%を達成。昨年19%、今年の上半期の22%と成長してきた。一方、2013年に37%あった石炭は昨年24%、今年21%と下げている。

その成長を反映してテキサスの風力発電はアメリカ全土の1/4を生産するまでに成長した。

だが、アメリカの総発電量における風力の割合は、まだ6.6%に止まっている。

www.eco-online.org Blog Feed

1月15日 地域SDGs推進ネットワーク設立記念セミナーを開催しました。 (日, 19 1月 2020)
佐野市庁舎1階に、一社)日本有機資源協会事務局長の嶋本さんと株式会社森のエネルギー研究所代表取締役 大場龍夫さんをお招きして、お二人に講演していただきました。 初めにネットワーク代表を務める上岡裕から設立趣旨などが述べられ、ここ佐野市に生きた田中正造の言葉を引用して、SDGsの本質は古くから日本人の中にあったことが再認識されました。     嶋本さんからは、バイオマス原料のプラスチック製品が増えている事や、バイオマスプラスチックの生分解性の製品も出てきた事、プラスチック問題を踏まえて、大きな企業からどんどん取り組みが始まっている事などを話していただきました。 大場社長は、学生時代から自然が大好きな方で、バイオマスを使った発熱、発電の日本各地の事例などを話してくださいましたが、ご挨拶の時から最後まで常に笑顔でいらっしゃる事がとても印象的でした。 最後に「WIN WIN ALL WIN」という、ご本人が大好きだという言葉も伝えていただきました。もちろんWINするのは人間だけでなく、時空間存在も含みます、と。 全ての人、生命、自然がWINする。 そんな社会を目指していくための団結式のようなセミナーでした。 エコロジーオンライン事務局長 上岡 七生美
>> 続きを読む

第5回 ソーラークッカー全国大会が修了しました。 (Mon, 18 Nov 2019)
11月17日、茨城県筑西市「道の駅グランテラス筑西」で第5回ソーラークッカー全国大会が実施されました。 見事な秋晴れに恵まれ、各ブースのソーラークッカーやソーラードライヤーが大活躍。 太陽のチカラで、焼きそば、ベーコンエッグ、クッキー、パウンドケーキ、五目炊き込みご飯、干し芋など、美味しい料理ができあがっていました。 今回のソーラークッカー全国大会の主催は筑西市商工会エコの木プロジェクト部会の皆さん。 芝生広場でのソーラークッカーの展示とともに、世界のソーラークッカー大会の写真も展示して、途上国などでの具体的な広がりを感じさせるものとなりました。 来年は我孫子市で第6回大会を実施する予定です。ソーラークッカー全国大会が幅広い太陽熱利用を広げることを期待したいです。
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る