· 

エネルギー生産のメッカ テキサスで風力が石炭火力を追い越す!

テキサスの風車群 Drew Kolb  / CC BY-NC 2.0
テキサスの風車群 Drew Kolb / CC BY-NC 2.0

全米トップの発電実績を誇るテキサスで風力発電が初めて石炭火力を追い越したことをCNNが伝えている。

この記事によれば、2019年上半期のテキサスの総発電量の22%が風力発電、21%が石炭火力だった。

Wind is outpacing coal as a power source in Texas for the first time

16年前、テキサス州の電力に占める石炭火力の割合は4割。それにくらべ風力はわずか0.8%だった。

その後、2010年には8%を達成。昨年19%、今年の上半期の22%と成長してきた。一方、2013年に37%あった石炭は昨年24%、今年21%と下げている。

その成長を反映してテキサスの風力発電はアメリカ全土の1/4を生産するまでに成長した。

だが、アメリカの総発電量における風力の割合は、まだ6.6%に止まっている。

www.eco-online.org Blog Feed

米チャタヌーガに100%ソーラーの空港が誕生! (木, 15 8月 2019)
米テネシー州第4の都市チャタヌーガにあるチャタヌーガ空港が100%自然エネルギーで運営されることになった。 全米初となるこの取り組みを支えるのは滑走路脇に設置された2.64MWのメガーソーラー施設。 この施設で生産された電力はテネシー川流域開発公社に販売され、使用した電力と相殺される。 テネシー州の代表する工業地帯だったチャタヌーガは1960年代、全米で最も大気汚染のひどい都市と言われた過去を持つ。その汚名を晴らすべく地域での取り組みを進め、大気汚染対策として導入した電気バスは名物となり、電気バスの製造は世界に輸出するまでに成長した。 チャタヌーガ空港にあるメガソーラーは大気汚染対策の一つとして連邦航空局の支援によってつくられている。最初に1MW、続いて1.1MW、そして今回の500KWと発電容量を増し、空港で使用される電力と同量を発電できるようになった。 南アフリカやインドなどでも自然エネルギー100%の空港が誕生しているが、公害に苦しんだ都市から持続可能な都市へと変貌を遂げたチャタヌーガの玄関口としてのメッセージ力は大きい。 チャタヌーガ・チュー・チューとエコロジー。 一度は訪れてみたい都市になった。 *「チャタヌガ・チュー・チュー」細野晴臣バージョンでお楽しみください。 <参照リンク> チャタヌガ空港 文 / エコロジーオンライン編集部
>> 続きを読む

自然エネルギーは途上国や女性にやさしい! 2018年は1,100万人の雇用に貢献 (Wed, 07 Aug 2019)
NAIT / CC BY-NC-ND 2.0 NAIT / CC BY-NC-ND 2.0 今夏、グリーンランドの氷床が溶け出しているというニュースが届いた。7月は通常の年の3倍の量が融けたのだという。 本日のエコニュースまとめ(2019/8/6) グリーンランドの氷床の融解は地球を後戻りできない状態に追い込みかねない。こうした危険な事象を防ぐべく、地球温暖化による平均気温の上昇を産業革命前から1.5℃未満にする高い目標を世界は掲げて走っている。 そのために重要になるのが自然エネルギー社会の実現だ。 石炭や石油などの化石燃料から自然エネルギーに転換することは、地球温暖化防止効果に止まらない価値がある。自然エネルギーを導入することが地域に雇用を生み出すことにつながるのだ。 毎年、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)が「再生可能エネルギーと雇用」というレポートを出している。6月に出された最新版のデータによれば2018年、世界の再生可能エネルギー産業で働いている人の総数が1,100万人となった。前年にくらべると70万人の雇用を増やしている。 エネルギーの種類別に見てみると、太陽光が360万人、バイオ燃料が210万人、水力発電が210万人、風力発電が120万人と続く。新しい産業であるため、女性比率も高い。石炭石油産業では22%であったのに対し、32%と高まった。 自然エネルギー産業は非電化地域での雇用も伸ばしている。オフグリッドの太陽光が、インフラのない地域でエネルギーへのアクセスを可能にし、地域経済を活性化する結果になっているのだ。すでに南アジア、アフリカを中心に37万人の雇用を生み出した。 太陽や風、水の流れ、有機廃棄物などを中心とする自然エネルギーはどの地域にも存在する。そのエネルギーを開発する事業が増えるとインフラのない地域や女性たちに雇用が生み出せることがわかってきたのだ。 *詳しくは、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)の「再生可能エネルギーと雇用」をお読みください。 翻訳・文 / 上岡 裕
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る