アクション!SDGs

アクション!SDGs · 09日 8月 2019
老若男女、幅広い世代が知っている『Runner』を歌うサンプラザ中野くんは、爆風スランプの活動休止後、ロック歌手だけでなく、株に関する執筆・講演など、多彩なジャンルで活動している。「健康」に関する発信もその一つ。 「ロックミュージシャン=不健康」は、もはや過去のイメージ。 中野くんは「なるべく長く、多くの方に歌を聞いてもらえるように」、健康に気を使い、発信を続けているという。
アクション!SDGs · 11日 5月 2019
このたび、エコロジーオンライン理事長の姉・上岡陽江が代表を務める日本薬物政策アドボカシ―ネットワーク(NYAN)と組み、地球環境問題、難民支援、薬物と人権、ジェンダーなどの幅広い分野について協働する体制をつくりました。NYANは国連麻薬特別総会に政府代表団顧問として参加するなど、薬物政策をつかさどる海外NGOと連携し、日本政府に対する政策提言も行っています。 SDGs活動に関してのご相談、講演、コーディネートなど、お気軽にお声がけください。
アクション!SDGs · 25日 1月 2019
「誰一人取り残さない-No one will be left behind」 地域社会からSDGsの理念を広げていくため、エコロジーオンラインの「エコ+ケア」の活動を充実させ、「地域貢献型就労支援プログラム」の
ボランティア派遣を始めました。 就労支援センター風の丘とともに、地域に音楽とみどりを広げる活動をしていきます。 どうぞよろしくお願いいたします。
アクション!SDGs · 07日 9月 2018
日本人でありながら、ケニア・ドゥルマ民族の伝統打楽器「ンゴマ・ンネ」を継承した大西匡哉さん。 ケニアのキベラスラムでマゴソスクールを運営する早川千晶さん。 ケニアの命の響きを伝えるお話と音楽をどうぞお楽しみください。
アクション!SDGs · 10日 8月 2018
エコロジーオンライン理事長の上岡裕が、佐野市役所の6階ホールに集まった市役所の職員80名ほどのみなさんに、これまでエコロジーオンラインが手掛けてきた事業、そして現在の活動についてのお話をしました。 当初、エコロジーオンラインの活動は「Think globally, Act locally 」(地球規模で考え、地域で行動せよ)を基本とした活動が多かったのですが、JICAのOBの方から環境活動家田中正造を生んだ佐野で活動するあなたたちに、マダガスカルの森林破壊を止めるためにがんばってほしいと説得され、田中正造の遺志をつなぐために「Think locally, Act globally 」(地域を考え、地球規模で行動する)と変わって来た経緯について説明しました。
アクション!SDGs · 09日 8月 2018
8月7日、環境省の「持続可能な開発目標(SDGs)を活用した地域の環境課題と社会課題を同時解決するための民間活動支援事業」を受託した団体が全国から集まり、国連大学2 階 レセプション・ホールにてキックオフのイベントが行われた。 エコロジーオンラインは飯山市で里山保全に関わる仲間とともに、里山ウェルネス研究会を立ち上げ、飯山の里山をブランド化し、障がい者雇用を促進する環境と福祉の課題を同時解決する事業に2年にわたってチャレンジする。

«一つ前のページへ戻る