チーム・マダガスカル

チーム・マダガスカル · 10日 5月 2020
NPO法人エコロジーオンラインは、マダガスカルの新型コロナウイルス感染対策の緊急支援のため、自 このプロジェクトは、長年マダガスカル事業に関わってきた当法人の会員である白石拓也が、マダガスカル在住で元同僚のフェラナ・ラハリンジャトヴォ氏と、マダガスカルの地方都市での新型コロナウイルス(COVID-19)感染対策の現状について情報交換したことがきっかけで誕生しました。 5月10日現在、公式発表ではマダガスカルのCOVID-19累計感染者は193人、国家保健緊急事態の再延長期間中で、大都市での行動規制が継続される一方、地方都市の一部で規制緩和が始まっています。しかしながら、検査数自体が少ないことと、新規感染者が依然として記録されていることから、終息を見通す事のできる状況ではありません。特に、大都市との間で人の往来が盛んにもかかわらず、様々な面で脆弱な地方都市の住民は、ほとんど自衛手段を持たない中で、規制だけが緩和されてしまった可能性があります。そこでこのプロジェクトは、地方都市の住民が感染予防の自衛手段(マスクや消毒ジェル)を持つための支援を行います。
チーム・マダガスカル · 01日 5月 2020
エコロジーオンラインの読者の皆さま、こんにちは。 マダガスカルでの里山エネルギー活動を担当している浅川です。 昨夜(4月19日)大統領から首都のアンタナナリボ首都圏、トアマシナ及びフィアナランソアのコロナ状況及び対策などが発表されました。 途上国のコロナ対策を知る参考になると思いますので簡単に記しておきます。
チーム・マダガスカル · 29日 2月 2020
エコロジーオンライン「里山エネルギープロジェクト」と現地NGOマダガスカルみらいが共同で手がけるマダガスカル植林大作戦の様子が現地のテレビで紹介されました。 マダガスカル植林大作戦の詳しい内容についてはこちらをご確認ください。
チーム・マダガスカル · 23日 2月 2020
里山エネルギースクールをとして活動するサカイ市のロバソア小学校の児童たちが日本からの支援に感謝して絵を描いてくれました。 3月末までコンクールを実施します。 よく描けていると思う絵に「いいね!」をお願いします。
チーム・マダガスカル · 17日 2月 2020
昨年夏、マダガスカルで森づくり活動を支援するために、クラウドファンディングを通して「マダガスカル みらい ~森の歌をみんなで歌って踊ろう!~」という楽曲を制作しました。 このたび、ダレシアのみなさんの協力で立派なCDが仕上がってきました。 【SDGsミュージック】マダガスカルの緑をとりもどそう! 普及啓発用のCDが完成しました。
チーム・マダガスカル · 02日 2月 2020
1月29・30日、マダガスカルの里山エネルギースクールのロバソア小学校を訪ね、子どもたちと一緒に植樹作業を行いました。 エコロジーオンラインと音楽作家事務所のダレシアが連携して実施したクラウドファンディングを支援してくれた方の記念植樹。木を植えたのはロバソア小学校から西方面へ約2㎞の地域です。 参加者はロバソア小学校から上級生男女計10名、校長先生はじめ教師、父兄が約20名、マダガスカルの里山エネルギー事業を担当するNGOマダガスカルみらい、マダガスカルサービスから計7名です。
チーム・マダガスカル · 20日 1月 2020
昨年、エコロジーオンラインと作家事務所のダレシアが協力してクラウドファンディングを実施した楽曲のCDができあがりました。 タイトルは「マダガスカル みらい ~森の歌をみんなで歌って踊ろう!」です アフリカで活動するIYCOさんのボーカル、コーラスにはマダガスカルの7人制女性ラグビーチームの皆さんと、ホストタウンである郡上市の子どもたち、森を守るメッセージはマダガスカル人のフェトラさんが担当しました。
チーム・マダガスカル · 23日 12月 2019
12/16・17の両日、里山エネルギースクールを中心に支援地を訪問しました。 ロバソア小学校の生徒児童数は、8月には100名に増えておりましたが、新学期から急増して 今では150名となり、教室が狭く感じます。当初にくらべて約4倍近くになったとは驚きです。新しく入学した生徒たちに、ソーラーランタン、塗り絵、ノートなどを追加支援しました。 
チーム・マダガスカル · 08日 11月 2019
マダガスカルで「里山エネルギースクール」として活動をしているロバソア小学校から感謝状が届きました。 エコロジーオンラインの支援の結果、生徒数も増えて、自然エネルギーや森の大切さを学ぶ子どもたちが増えています。
チーム・マダガスカル · 20日 9月 2019
9/18、マダガスカル支援に活用している「おひさまドライヤー」の開発者である筑西商工会エコの木部会の皆さんと意見交換会をしてきました。 エコロジーオンラインでは現在、マダガスカルの人々の栄養状態を改善するため、国連と連携したプロジェクトの準備をしています。 具体的な対策の一つとして、ソーラードライヤーを活用して太陽光で食品を乾燥。食料を保管する技術の提供を模索しています。

さらに表示する

«一つ前のページへ戻る