2016年

1月

28日

気候変動だけじゃない! 持続可能なエネルギーが救う数百万の命 国連事務総長 

アブダビで講演をする潘基文国連事務総長(UN)
アブダビで講演をする潘基文国連事務総長(UN)

国連事務総長の潘基文氏が18日、アラブ首長国連邦で行われた世界未来エネルギーサミットで持続可能なエネルギーの重要性について語った。

国連は昨年、2つの大きな目標を合意をすることができた。その一つが貧困や地球環境破壊にストップをかけるための「持続可能な開発目標」、もう一つが地球温暖化防止のための「パリ協定」だ。この2つの目標を達成するために共通してやらなければならないことがある。それは世界のエネルギーシステムを、安くて、信頼性があり、持続可能で、先進的なものに変えることだ。

地球温暖化を防止するために化石燃料から持続可能なエネルギーにシフトチェンジすべきことは多くの人が理解するようになった。だが、持続可能エネルギーを増やすことは、途上国に住む女性や子どもたちの命を守ることであることも忘れてはならない。

まだ世界には室内にある料理コンロで薪や炭、動物のフンなどを直火で燃やしている地域がある。このコンロのそばにいるのはお母さんやその子どもたちだ。料理コンロからの煙によって毎年430万人の尊い命が失われる。その燃料を集めるのもおもに女性と少女の仕事だ。それに費やす時間を減らすことができれば、彼女たちに仕事と勉強をする時間をプレゼントすることができる。

太陽や風や水の流れによって生み出せる再生可能エネルギーは世界のどこにでも存在する。その力をとり出すことが430万人の命を救うことにつながり、女性たちに仕事と勉強をする機会を与えることができる。再生可能エネルギーを中心に大きなうねりが生まれて来ることは間違いなさそうだ。

<参照リンク>
Sustainable energy can ‘save millions of lives,’ Ban tells summit in Abu Dhabi

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

www.eco-online.org Blog Feed

世界銀行によるクリーンエネルギー通信簿 トップはデンマーク、さて日本は? (月, 27 2月 2017)
>> 続きを読む

2016年、ヨーロッパで開発された電気は9割が自然エネルギーに! (水, 22 2月 2017)
>> 続きを読む

自然エネルギーは美しく進化する! ハチドリのような風車が誕生 (水, 15 2月 2017)
>> 続きを読む

2020年、太陽光発電と電気自動車によって化石燃料はピークを迎える! (金, 10 2月 2017)
>> 続きを読む

石炭を禁止する最初の国に! フィンランド (月, 30 1月 2017)
>> 続きを読む

世界の名だたる企業が再エネ100%にチャレンジ! すでに11社が達成 (金, 27 1月 2017)
>> 続きを読む

インドに世界最大の太陽光発電所が続々誕生! (木, 26 1月 2017)
>> 続きを読む

太陽光発電はあと10年で石炭より安くなる! (日, 22 1月 2017)
>> 続きを読む

スウェーデンは2040年、再生可能エネルギー社会へ完全移行 (金, 20 1月 2017)
>> 続きを読む

トランプ旋風なんのその。気候変動、クリーンエネルギー満載のダボス会議が開幕 (月, 16 1月 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る