2016年

7月

07日

グリーンパワーなライフスタイルを求めて ~エコロジーオンラインの16年の歩み~②

お台場潮風公園に完成した都民共同発電所「ひだまり~な」
お台場潮風公園に完成した都民共同発電所「ひだまり~な」

ライブの現場にグリーン電力証書を導入することに成功した僕らは、次に音楽づくりでもグリーン電力証書が使われる流れをつくった。乃木坂にあるソニー・ミュージックスタジオで、グリーン電力証書の導入が決まったのだ。ロックアーティストの浜田省吾さんのアルバムもこのスタジオで録音され、グリーン電力を使ったことが大きな話題となった。こうした取り組みが呼び水となって、音楽、スポーツ、エンタテイメント施設など、さまざまな場でグリーン電力証書が活用されるようになっていった。

お台場に誕生! 太陽光発電施設「ひだまり~な」

涙を流すホッキョクグマ「そらべあ」が誕生!
涙を流すホッキョクグマ「そらべあ」が誕生!

こうしたエコロジーオンラインの活動を知った東京都から、新たなグリーンパワー事業で声がかかった。市民共同発電所を都民と一緒にお台場につくりたいというのだ。

僕らが最初に検討したのは風力発電だった。だが、お台場全体の景観や経済性の問題などがあり、風力発電の建設は断念することになった。次に検討したのが、蓄電池を併設し、非常時の電源供給や、イベント時にグリーン電力の活用ができる太陽光発電施設をつくることだった。

都民に興味を持ってもらうため、Yahoo! JAPANにチャリティ企画を持ち込み、有名ミュージシャンにもコメントをもらい、コンサートの収益の一部を寄付してもらうなど、様々なキャンペーンを実施した。当時、グリーン電力証書などの活用に積極的だったのがソニーだった。彼らに協力を要請したところ、提案されたのが銀座のソニービルを活用して寄付を集めることだった。

寄付を集めるにしても、誰が呼びかけるかによって収益が大きくかわってくる。最終的に発電所ができるかどうかわからないため、責任問題が生じる有名人には依頼しづらい。そこで僕らは一計を案じ、このキャンペーンのための環境キャラクターをつくることにしたのだ。

そこである会社に、地球温暖化で絶滅危惧種になったホッキョクグマのキャラクターをつくるよう持ちかけた。その提案に対して、有名デザイナーのShinzi Katohがなみだを流すホッキョクグマのキャラクターを描いてくれた。

「ひだまり~な」は潮風公園でのガンダムの展示に電力を提供!
「ひだまり~な」は潮風公園でのガンダムの展示に電力を提供!

なみだを流すなんていう前代未聞のキャラが受けるかどうかわからない。だが、地球温暖化の深刻さを伝えるにはこのくらいインパクトがあってもいいだろうということで、「そらべあ」と名づけ、彼らを核にキャンペーンを練り直した。

その後、ホッキョクグマのなみだに共感する人たちが増え、絵本も生まれ、太陽光発電施設をつくるために必要な金額が寄付で集まった。その結果、お台場の潮風公園に「ひだまり~な」という太陽光発電施設が完成した。

文 / エコロジーオンライン理事長 上岡 裕

/ / /

www.eco-online.org Blog Feed

脱炭素社会の実現に向けて、具体的なアプローチを提言 (水, 19 4月 2017)
>> 続きを読む

シカゴ市が再生可能エネルギー100%を宣言! (月, 17 4月 2017)
>> 続きを読む

1℃の気温上昇でインド一つ分の永久凍土が消える! (水, 12 4月 2017)
>> 続きを読む

<体験レポート>草刈りの苦労を軽減する営農型発電を地域活力に繋げたい! (火, 11 4月 2017)
>> 続きを読む

【自然エネルギーで世界をつなごう!】森林破壊が進むマダガスカル 里山エネルギースクール開設へ! (水, 05 4月 2017)
>> 続きを読む

<訪問記>JICA事業でマダガスカルの調査に行ってきました (土, 25 3月 2017)
>> 続きを読む

汚染された環境が170万人の子どもの命を奪っている! WHOが警告 (月, 13 3月 2017)
>> 続きを読む

【事務局体験レポート】 芝浦工業大学でバイオマス・ソーラーハイブリッド電源車を体験 (火, 07 3月 2017)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(17) ヨーロッパの大都市を気候変動リスクが襲う (月, 06 3月 2017)
>> 続きを読む

第1回さのまるの日イベントにソーラーパワートラックを派遣しました。 (土, 04 3月 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る