· 

中国人工太陽開発 日本涙目か、本田変顔をする、グレタ救世主説・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/1/14)

イリオモテヤマネコは沖縄県西表島の固有種であり、特別天然記念物。  イリオモテヤマネコよりも知名度は劣るが、対馬だけに生息するのがツシマヤマネコ。国の天然記念物に指定されている。  どちらも尾は先端まで太く、胴長で四肢は太く短い。耳の後ろに白い斑点があるのがヤマネコの特徴だ。  土地開発による生息地の減少や感染症、交通事故などにより野生の個体数が減少。交通事故での死亡数を減らすため、看板や道路標識を設置したり、保護センターでの研究を進めるなど保護活動が実施されている。
イリオモテヤマネコは沖縄県西表島の固有種であり、特別天然記念物。 イリオモテヤマネコよりも知名度は劣るが、対馬だけに生息するのがツシマヤマネコ。国の天然記念物に指定されている。 どちらも尾は先端まで太く、胴長で四肢は太く短い。耳の後ろに白い斑点があるのがヤマネコの特徴だ。 土地開発による生息地の減少や感染症、交通事故などにより野生の個体数が減少。交通事故での死亡数を減らすため、看板や道路標識を設置したり、保護センターでの研究を進めるなど保護活動が実施されている。

クリーンで“フリー”なエネルギーとしてイメージが良い太陽光発電の普及が着実に進んでいるが、供給の不安定性や蓄電技術の問題などから電力供給の“一軍入り”はまだはるか先のことだと考えられている。ではいっそのこと無尽蔵のエネルギーを届けてくれる“太陽”を自前で用意してしまおうという夢の計画がついに現実味を帯びはじめた。

 

地球温暖化と闘うグレタ・トゥンベリの支持者の中には、彼女を「預言者」や「救世主」とみなす人たちもいる。しかし、米アマースト大学の歴史学准教授エレン・バウチャーはトゥンベリを聖人化することに警鐘を鳴らす。それは彼女のメッセージを歪曲し、気候変動否定派に付け入る隙を与えかねない、と。

 

 

日のニュースは以下です。

企業の長期戦略待ったなし 節目の国際交渉にらみ各国が政策

ついに中国が「人工太陽」完成、2020年に運用開始! クリーンエネルギーの究極系か、遅れを取った日本涙目

「政府には気候変動の危機から国民を守る義務がある」 オランダ最高裁の画期的な判決

本田圭佑がTwitterに「変顔」を晒した理由。「未来のため」ローラも呼びかけたのは…

グレタ・トゥンベリを「預言者」として崇めるのは危険だ─ひとりの子供として扱うべき

www.eco-online.org Blog Feed

konoki、五輪商戦へスマッシュ、環境税・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/7/23) (金, 23 7月 2021)
>> 続きを読む

太陽光パネルバッシング、木造マンション、ドイツ 壊滅的な洪水・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/7/22) (Fri, 23 Jul 2021)
>> 続きを読む

23年半ぶり高値、ドイツ洪水、由利本荘・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/7/21) (Wed, 21 Jul 2021)
>> 続きを読む

ぼっちじゃらし、遠のくマイホーム、迫りくる気候変動・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/7/20) (Tue, 20 Jul 2021)
>> 続きを読む

洪水死者180人、アメリカのトウモロコシ、地熱発電・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/7/19) (Mon, 19 Jul 2021)
>> 続きを読む

日田杉でバイオリン、再国産化、欧州中央銀行 18年ぶり・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/7/16) (Fri, 16 Jul 2021)
>> 続きを読む

日本再生の切り札、ウッドショック療法、山火事進行中・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/7/15) (Thu, 15 Jul 2021)
>> 続きを読む

サハラ砂漠全体、グリーン水素、森林伐採にはNO!・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/7/14) (Wed, 14 Jul 2021)
>> 続きを読む

脱資本主義、タンチョウひなスクスク、スマゴ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/7/13) (Tue, 13 Jul 2021)
>> 続きを読む

電力があぶない、ムール貝 大量死、国産材に好機・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/7/12) (Mon, 12 Jul 2021)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る