SDGsエネルギープロジェクトがスタート!

コンロに灯ったバイオガスの火に喜ぶマダガスカルの農家ギーさん
コンロに灯ったバイオガスの火に喜ぶマダガスカルの農家ギーさん

エコロジーオンラインの立ち上げのきっかけとなった活動は1999年に始めた「普通の人のエコロジー」でした。

それまでは専門家による情報発信しかなかった環境の分野において、ウェブやメールニュースで市民目線の情報を発信しようと世界のあちこちから仲間たちが集まりました。仲間たちの活動を少しでもしやすくするため、エコロジーオンラインを立ち上げることになったのです。

 

あれから20年が経ちましたが、その間、ずっとエコロジーオンラインが力を注いできたのが地球温暖化防止と自然エネルギーです。

音楽業界と連携したグリーン電力の普及や、被災地支援での自然エネルギーの活用、途上国の貧困対策としてのゴミエネルギーの導入などのお手伝いを続けています。マダガスカルでは家畜の糞尿を活用するバイオガスプラントを設置し、調理用のエネルギーとして現地の人たちに喜んでもらっています。

こうして自然エネルギーを手がけていると、地球温暖化防止に止まらない価値にも多く出会いました。地域社会の雇用に貢献したり、非衛生なゴミを減らしたり、森林破壊を止める役割を担ったり、世界的な話題となっているSDGsの達成につながる価値を数多く有しています。

そうした価値を社会に広く伝えるため、この20年、ともに歩んできた日本風力開発の協力を得て、SDGsエネルギーというプロジェクトを始めることにしました。

日本国内、そして途上国で、自然エネルギーを活用してSDGsの達成を目指していきます。

SDGsエネルギーニュース

2021年

3月

10日

【Switch for Fukushima】福島生まれの再エネ100%電力を応援しよう!

続きを読む

2020年

1月

19日

1月15日 地域SDGs推進ネットワーク設立記念セミナーを開催しました。

佐野市庁舎1階に、一社)日本有機資源協会事務局長の嶋本さんと株式会社森のエネルギー研究所代表取締役 大場龍夫さんをお招きして、お二人に講演していただきました。

初めにネットワーク代表を務める上岡裕から設立趣旨などが述べられ、ここ佐野市に生きた田中正造の言葉を引用して、SDGsの本質は古くから日本人の中にあったことが再認識されました。

 

 

続きを読む

2019年

11月

18日

第5回 ソーラークッカー全国大会が修了しました。

11月17日、茨城県筑西市「道の駅グランテラス筑西」で第5回ソーラークッカー全国大会が実施されました。

見事な秋晴れに恵まれ、各ブースのソーラークッカーやソーラードライヤーが大活躍。

太陽のチカラで、焼きそば、ベーコンエッグ、クッキー、パウンドケーキ、五目炊き込みご飯、干し芋など、美味しい料理ができあがっていました。

続きを読む

2019年

9月

24日

神は風のごとく、すべてのものに触れる~ ~映画「風をつかまえた少年」レポート ~

 

2010年、1冊の本が世界を驚愕させた。「風をつかまえた少年」というその本には一人の少年の奇跡の物語が記されていた。その9年後、監督と主演を兼任するキウェテル・イジョフォーによる同名の映画が公開された。

続きを読む

2019年

8月

15日

米チャタヌーガに100%ソーラーの空港が誕生!

米テネシー州第4の都市チャタヌーガにあるチャタヌーガ空港が100%自然エネルギーで運営されることになった。

全米初となるこの取り組みを支えるのは滑走路脇に設置された2.64MWのメガーソーラー施設。

この施設で生産された電力はテネシー川流域開発公社に販売され、使用した電力と相殺される。

続きを読む

里山エネルギープロジェクト

2022年

11月

22日

<牛のうんちがマダガスカルを救う!>バイオガスの設置候補地を視察に行ってきました。

続きを読む

2022年

11月

01日

<牛のうんちがマダガスカルを救う!>アンチラベ中田里穂さんとつなぐ現地生トーク アーカイブ動画配信中

続きを読む

2022年

10月

23日

10月28日『ウンチク/うんこが地球を救う』が公開されます!

続きを読む

2022年

10月

07日

<応援コメント> ”ウンチが地球を救う” は、世界に誇る日本の技術です。

続きを読む

2022年

10月

05日

<牛のうんちがマダガスカルを救う>第一次目標を達成しました。ご協力ありがとうございました!

本日、当初目標の70万円を達成しました!

クラファン開始から2週間。

まさか、こんなにも早く達成させていただけるとは、夢にも思わず…

温かな励ましや、ご支援ご協力くださった皆様に、心より深く感謝いたします!

心機一転、ここから12月末までは、次のステップへの挑戦を。

 

 

当初2基の計画から、更に1基増やし、3基のバイオガス設置で、100万円を目指します。

僅かでもバイオガスを広め、決して他人事ではない、マダガスカルの環境保護や生活改善、そして子どもたちの輝く未来に繋げていきます!

引き続き、ご支援ご協力、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

続きを読む

2022年

10月

04日

<牛のうんちがマダガスカルを救う>もう一息で100%達成です。

完成したモデルプラントを紹介した新聞記事
完成したモデルプラントを紹介した新聞記事
続きを読む

2022年

10月

01日

アンチラベではバイオガス装備設置の要望が高まっています。

続きを読む

2022年

9月

29日

クラウドファンディング目標の7割を達成! ついに実現、パイロットモデル基の点火式

続きを読む

2022年

9月

26日

おかげさまでクラウドファンディングの目標の6割を達成しました!

一足先に完成したバイオガスプラントの建設スタート時に鍬をいれる中田里穂隊員
一足先に完成したバイオガスプラントの建設スタート時に鍬をいれる中田里穂隊員
続きを読む

2022年

9月

20日

<牛のうんちが地球を救う!>クラウドファンディングが始まりました。

続きを読む

2022年

9月

04日

【チーム・マダガスカル】アルビオン様からの支援グッズを小学校に届けました。

続きを読む

2022年

7月

12日

【マダガスカルみらい】子どもたちとサカイ市に植樹した木の下草刈りをしました。

続きを読む

2022年

3月

08日

【ラジオミライ】ラジオと連動した植林活動が始まりました!

3月5日(土)、「ラジオミライ」がオンエアされているサカイ郊外で村落住民の皆さんと植林を行いました。
里山エネルギースクールのロバソア小学校から数キロ離れた約2Haの土地に1300本のアカシアなどを植樹しました。
アカシアは斜面にも強く、成長も早く、成木は家具、また枝は薪として使用が出来ます。
続きを読む

2022年

2月

15日

マダガスカルから「森をまもるぬり絵」のお便りが届きました。

エコロジーオンラインが女子美術大学と協働してつくった「森をまもるぬり絵」がマダガスカルで活躍中です。

現地で活動する青年海外協力隊の方たちの活動に引き継がれ、森林教育に活用され始めました。

日本側でもサポートをしていこうと思います。

ご協力よろしくお願いします。

チーム・マダガスカル事務局

続きを読む

2022年

1月

31日

マダガスカルの❝今❞を知る フェリス女学院大学 現場を学ぶ勉強会 (4)

学生団体「キープ・ザ・スマイル」もマダガスカル支援を行ってくれました。
学生団体「キープ・ザ・スマイル」もマダガスカル支援を行ってくれました。

フェリス女学院大学とマダガスカルをつないで行う「現場を学ぶ勉強会」第四回が終わりました。

今年度最終回となる今回は、マダガスカルの社会を支える産業やフランスから独立した 1960 年 代から現在までの経済状況、そして、日本との関係を学びました。 

続きを読む

2021年

12月

05日

「アクション!SDGs」グッズができました。

エコロジーオンラインの「アクション!SDGs」グッズができました。

デザインにはマダガスカルのワオキツネザルを採用。レインボーカラーのロゴを添えることでダイバーシティ&インクルージョンを意識しました。

オーガニックコットンTシャツもお選びいただけます。

どうぞよろしくおねがいします。

 

続きを読む

2021年

11月

28日

マダガスカルのチョコレート学院『EDENIA』から生中継!フェリス女学院大学 現場を学ぶ勉強会 (3)

フェリス女学院大学とマダガスカルをつないで行う「現場を学ぶ勉強会」第三回が終わりました。

今回は、マダガスカルにあるチョコレート学院『EDENIA』から生中継で行われました。観光省や職業訓練省等も協賛している施設で、学院の名前になっている『EDENIA』は『エデンの園』の意味があります。

続きを読む

2021年

11月

18日

マダガスカル「ラジオミライ」のステッカーができました!

マダガスカルでのラジオ番組づくりのクラウドファンディングの返礼品のステッカーができました。

ご支援いただいた方には順次発送をさせていただきます。

ラジオ番組づくりの最初の予算の発送も終了。来年1月の番組スタートに向けて打ち合わせが始まりました。放送局は里山エネルギースクールの取り組みを支援したサカイ市のFM局になります。

続きを読む

2021年

10月

25日

【ラジオミライ@マダガスカル】クラファン初期目標を達成!ラジオ番組づくりを始めます。

9月13日にスタートした【マダガスカル支援】『ラジオ』を通し森の大切さや日本の文化を伝えたい!が皆さまの温かいご支援で初期目標の30万円を達成いたしました。

様々なお問い合わせが続いていることから、クラウドファンディングは年末まで継続させていただきますが、返礼品の手配やラジオ番組制作の作業に入らせていただきます。引き続き情報発信は続けていきます。

ご支援ありがとうございました!

続きを読む

2021年

10月

19日

森を守るSDGsラジオプログラム「ラジオミライ」の立ち上げにご協力ください!

番組キャラクターには“キツネザル”を採用
番組キャラクターには“キツネザル”を採用

SDGsプログラム「ラジオミライ」はエコロジーオンラインが里山エネルギースクールを手がけてきたサカイ市のFM局からスタートします。

週に一度、30分の放送をすることで月に1万円という電波料を支払う必要があり、年間契約をすることで10万円程度の経費が必要です。森づくり情報や日本文化の発信をマダガスカル語で手がけるため、現地の制作スタッフで番組をつくりあげていきます。

続きを読む

2021年

10月

19日

【EOLクラファンニュース】「ラジオミライ」が全国の動物園と連携

エコロジーオンラインではマダガスカルの固有種 ワオキツネザルを飼育する那須どうぶつ王国とアニマルSDGsの連携を深めてきました。

「ラジオミライ」のクラウドファンディングにもご協賛いただいておりますが、今後、複数の協働プロジェクトを用意しており、準備が進んでいます。現在、那須どうぶつ王国でもクラウドファンディング(野生への扉PJ)を実施しており、その支援もさせていただいています。

そして今回、マダガスカル「ラジオミライ」のクラファンにあたって、新しい仲間が生まれました。

続きを読む

2021年

9月

30日

フェリス女学院大学 現場を学ぶ勉強会 (2)

チーム・マダガスカルで寄付されたソーラードライヤー
チーム・マダガスカルで寄付されたソーラードライヤー

フェリス女学院大学とマダガスカルをつないで行う「現場を学ぶ勉強会」第二回が終わりました。前回に続き、国際協力団体 Keep the smile(キープ・ザ・スマイル)に関わる学生さん等が参加してくれました。

今回のテーマは『食』です。

 

続きを読む

2021年

9月

18日

森林破壊深刻なマダガスカル 現地ラジオで保全を啓発へ 番組制作、資金募りCF

続きを読む

2021年

9月

16日

【マダガスカルラジオ】現地スタッフがRADIO SAKAYを訪問

クラウドファンディング実施中の「ラジオミライ」制作根回しのため、現地事業を担う「マダガスカルみらい」のスタッフがRADIO SAKAYを訪問しました。

SAKAY(サカイ)はエコロジーオンラインが里山エネルギーの普及や森林再生に取り組んでいる地域で、最初のオンエアを担うラジオ局になります。現地での活動内容は下記ページをご確認ください。

チーム・マダガスカル

続きを読む

2021年

9月

15日

令和3年度土木学会で太陽熱集熱システムに関する研究を発表しました。

エコロジーオンラインは「チーム・マダガスカル」の活動を通して、マダガスカルの子どもたちの栄養改善事業を手がけています。国連FAOなどと連携し「ソーラードライヤー」という太陽熱機器を活用して食品を乾燥して保存食品をつくります。

その事業を学術的にサポートしてくれている北九州市立大学伊藤洋教授の研究室の皆さまとともに「太陽熱集熱システムを応用した果実乾燥促進実験」についてのレポートを令和3年度土木学会にて発表いたしました。

続きを読む

2021年

7月

31日

フェリス女学院大学 現場を学ぶ勉強会

横浜市にあるフェリス女学院大学とマダガスカルをつなぎ、オンラインによる勉強会を行いました。

国際協力団体Keep the smile(キープ・ザ・スマイル)に所属し、フェアトレード品を扱う等の活動を行う学生や、栄養と子どもの成長の関係に興味をもつ学生等が参加してくれました。

続きを読む

2021年

7月

08日

フェリス女学院大学でマダガスカルを学ぶ授業が始まります。

エコロジーオンラインのマダガスカルでの活動を担っている浅川日出夫代表がフェリス女学院大学の勉強会を担当することになりました。

マダガスカルの社会・環境的課題を学生の皆さんと共有し、フェアトレード品の開発などを通してマダガスカルを支援する道筋を考えていきます。マダガスカルとインターネットでつながることの難しさも含めて様々な課題と出会うことになると思います。

エコロジーオンラインでは、途上国問題を自分事としてとらえ、行動する若者が一人でも増える機会となることを期待しています。

続きを読む

2021年

7月

07日

【チーム・マダガスカル】化粧品会社アルビオンとSDGs連携が始まりました!

エコロジーオンラインが、現地カウンターパートであるマダガスカル・サービス、NGOマダガスカル・みらいとともに手がける【チーム・マダガスカル】の活動を通して株式会社アルビオン様のSDGs事業を支援いたしました。

マダガスカルは化粧品原料となる植物の生産地。現地の教育支援の一環としてスクールキットの配布を連携して行っていきます。

続きを読む

2021年

6月

14日

「途上国支援グッズ第6弾 アイアイ」

エコロジーオンラインが支援をしているマダガスカルに生息するアイアイがひょうきんで可愛いグッズになりました♪

エコロジーオンラインではマダガスカルみらいとともに人と自然にやさしい活動をマダガスカルで手がけていきます。

ご購入いただいた商品の売上の一部が、地球温暖化防止や途上国支援支援等、エコロジーオンライングループの活動に使われます。

皆さま、よろしくお願いします!

続きを読む

2021年

5月

22日

「途上国支援グッズ第5弾 ホッキョクオオカミ」

国内では栃木県の那須どうぶつ王国にしかいないホッキョクグマが可愛いグッズになりました♪

エコロジーオンラインでは那須どうぶつ王国とともに生態系の保全を訴える #わんこSDGs を一緒に盛り上げて行く予定です。

ご購入いただいた商品の売上の一部が、地球温暖化防止や途上国支援支援等、エコロジーオンライングループの活動に使われます。

皆さま、よろしくお願いします!

続きを読む

2021年

5月

03日

「途上国支援グッズ第4弾 ぎゅぎゅっと絶滅危惧種」

これまでStop! 絶滅危惧のプロジェクトで描かれてきた動物たちをまとめた「ぎゅぎゅっと絶滅危惧種」が可愛いグッズになりました♪

ご購入いただいた商品の売上の一部が、地球温暖化防止や途上国支援支援等、エコロジーオンライングループの活動に使われます。

皆さま、よろしくお願いします!

続きを読む

2021年

3月

10日

「途上国支援グッズ第3弾 スリランカのサビイロネコ」

マダガスカルで絶滅が危惧されるベローシファカに続き、スリランカのサビイロネコが可愛いグッズになりました♪

ご購入いただいた商品の売上の一部が、地球温暖化防止や途上国支援支援等、エコロジーオンライングループの活動に使われます。

皆さま、よろしくお願いします!

続きを読む

2021年

1月

20日

「マダガスカル支援グッズ第2弾 ベローシファカ❗️」

大好評のワオキツネザルに続き、ベローシファカがたくさんの可愛いグッズになりました♪

ご購入いただいた商品の売上の一部が、地球温暖化防止やマダガスカル支援等、エコロジーオンライングループの活動に使われます。

皆さま、よろしくお願いします!

続きを読む

2021年

1月

10日

【新団体設立のお知らせ!応援をお願いいたします!】

続きを読む

2020年

9月

11日

エコロジーオンライン創立20周年記念Tシャツができました。

2020年、エコロジーオンラインは創立20周年を迎えました。

その記念事業の一環でマダガスカルの固有種ワオキツネザルをモチーフにしたTシャツをつくりました。

キツネザルは現在、焼き畑などによる森林破壊や貧困にあえぐ人たちに、食用としてあるいは販売用ペットとして違法に捕獲され、その9割の種が絶滅を危惧されています。新型コロナによってマダガスカルの貧困度合いが増し、その存在が益々危ぶまれています。

続きを読む

2020年

7月

21日

【地域ESD活動】マダガスカルを知るための出張授業をサポート

マダガスカルから留学にいらしたナリアンジャさんの協力を得て、マダガスカルを知るためのESD(持続可能な開発のための教育)出張授業を行いました。

エコロジーオンラインでは現在、マダガスカルを中心にした途上国支援活動を手がけていますが、その活動のご紹介を通して全国の教育現場にSDGsのメッセージを届けています。

 

続きを読む

2020年

7月

20日

【マダガスカル緊急支援】クラウドファンディング活動のまとめ/ Summary of crowdfunding project

続きを読む

2020年

7月

14日

マダガスカルとの国際交流授業始まる!

エコロジーオンラインの上岡裕理事長が卒業した栃木県立佐野高校は、田中正造のようなグローバル人材を育てることを目的にスーパーグローバルハイスクールとして活動しています。

これまで海外でのフィールドワークなどを通してグローバルな課題について学び、高校生の視点からの活動の発表を手がけてきました。

 

続きを読む

«一つ前のページへ戻る