SDGsエネルギープロジェクトがスタート!

コンロに灯ったバイオガスの火に喜ぶマダガスカルの農家ギーさん
コンロに灯ったバイオガスの火に喜ぶマダガスカルの農家ギーさん

エコロジーオンラインの立ち上げのきっかけとなった活動は1999年に始めた「普通の人のエコロジー」でした。

それまでは専門家による情報発信しかなかった環境の分野において、ウェブやメールニュースで市民目線の情報を発信しようと世界のあちこちから仲間たちが集まりました。仲間たちの活動を少しでもしやすくするため、エコロジーオンラインを立ち上げることになったのです。

 

あれから20年が経ちましたが、その間、ずっとエコロジーオンラインが力を注いできたのが地球温暖化防止と自然エネルギーです。

音楽業界と連携したグリーン電力の普及や、被災地支援での自然エネルギーの活用、途上国の貧困対策としてのゴミエネルギーの導入などのお手伝いを続けています。マダガスカルでは家畜の糞尿を活用するバイオガスプラントを設置し、調理用のエネルギーとして現地の人たちに喜んでもらっています。

こうして自然エネルギーを手がけていると、地球温暖化防止に止まらない価値にも多く出会いました。地域社会の雇用に貢献したり、非衛生なゴミを減らしたり、森林破壊を止める役割を担ったり、世界的な話題となっているSDGsの達成につながる価値を数多く有しています。

そうした価値を社会に広く伝えるため、この20年、ともに歩んできた日本風力開発の協力を得て、SDGsエネルギーというプロジェクトを始めることにしました。

日本国内、そして途上国で、自然エネルギーを活用してSDGsの達成を目指していきます。

SDGsエネルギーニュース

2019年

8月

15日

米チャタヌーガに100%ソーラーの空港が誕生!

米テネシー州第4の都市チャタヌーガにあるチャタヌーガ空港が100%自然エネルギーで運営されることになった。

全米初となるこの取り組みを支えるのは滑走路脇に設置された2.64MWのメガーソーラー施設。

この施設で生産された電力はテネシー川流域開発公社に販売され、使用した電力と相殺される。

続きを読む

2019年

8月

07日

自然エネルギーは途上国や女性にやさしい! 2018年は1,100万人の雇用に貢献

NAIT / CC BY-NC-ND 2.0
NAIT / CC BY-NC-ND 2.0

今夏、グリーンランドの氷床が溶け出しているというニュースが届いた。7月は通常の年の3倍の量が融けたのだという。
本日のエコニュースまとめ(2019/8/6)

グリーンランドの氷床の融解は地球を後戻りできない状態に追い込みかねない。こうした危険な事象を防ぐべく、地球温暖化による平均気温の上昇を産業革命前から1.5℃未満にする高い目標を世界は掲げて走っている。

そのために重要になるのが自然エネルギー社会の実現だ。

続きを読む

2019年

7月

30日

エネルギー生産のメッカ テキサスで風力が石炭火力を追い越す!

テキサスの風車群 Drew Kolb  / CC BY-NC 2.0
テキサスの風車群 Drew Kolb / CC BY-NC 2.0

全米トップの発電実績を誇るテキサスで風力発電が初めて石炭火力を追い越したことをCNNが伝えている。

この記事によれば、2019年上半期のテキサスの総発電量の22%が風力発電、21%が石炭火力だった。

Wind is outpacing coal as a power source in Texas for the first time

続きを読む

里山エネルギープロジェクト

2019年

9月

01日

TICAD7が終了 マダガスカル大統領夫人とも森林再生で連携

8/28〜30、横浜市にあるパシフィコ横浜で第七回アフリカ開発会議(TICAD7)が開催されました。

エコロジーオンラインが、全体会合が行われる会議場前に出展したブースにはマダガスカル大統領夫人も訪れ、同国での森林再生の事業での連携を話し合いました。

続きを読む

2019年

8月

31日

マダガスカルの森林保護へ一曲 佐野のNPO会場で発表

2019年8月29日、下野新聞に第七回アフリカ開発会議(TICAD7)に参加したエコロジーオンラインの記事が掲載されました。

 

マダガスカルの森林保護へ一曲 佐野のNPO会場で発表

続きを読む

2019年

8月

25日

8/28~8/30 「ホップ&ステップ」とアフリカ開発会議に参加します。

ホップ&ステップ ⓒJOSHIBI
ホップ&ステップ ⓒJOSHIBI

8月28日~30日、横浜市のパシフィコ横浜でTICAD7が開催されます。

TICADとは,Tokyo International Conference on African Development(アフリカ開発会議)の略。アフリカの開発をテーマとする国際会議で、1993年以降,日本政府が国連,国連開発計画(UNDP),世界銀行及びアフリカ連合委員会(AUC)と共同で開催しています。

エコロジーオンラインは、このTICAD7においてマダガスカル支援ブースを出展いたしますが、活動のメインテーマである森林再生のメッセンジャーとして、女子美術大学との協働から生まれたキツネザルの「ホップ&ステップ」をメインキャラクターとして展示いたします。

続きを読む

2019年

7月

26日

エコロジーオンライン創立20周年企画 【音楽でSDGsを!】クラウドファンディングの目標を達成 8月27日からの「アフリカ開発会議」会場で楽曲を発表

NPO法人エコロジーオンライン(栃木県佐野市 理事長:上岡裕)は、社会課題に取り組む音楽作家事務所ダレシア(共同代表:林幹郎、片山椋)の協力を得て、マダガスカルの森林再生へのメッセージを込めた楽曲の制作を手がけています。

資金確保のために6月5日から7月25日までクラウドファンディングを実施。目標額の110%となる665,000円の資金を調達しました。

続きを読む

2019年

6月

26日

【音楽でSDGsを!】岐阜県郡上市へ!大使、女子ラグビー、小学生のみんなが応援してくれました!

みなさま、こんにちは。

音楽でSDGsを!】運営スタッフからダレシアの2人が、オリンピックのマダガスカルのホストタウンである「岐阜県 郡上市」を訪れました。地元の小学校では全校生徒と一緒に記念すべき最初のレコーディングも行いました。

マダガスカルから郡上市へ、7人制女子ラグビー代表チームが大会出場のため来日。そこへ私たちも機会を頂きました。本クラウドファンディングがもっと大きな価値を生み出すことを目指して、関係各所への連携づくりに尽力してきました。

【音楽でSDGsを!】マダガスカルの子どもたちと、歌って、踊って、森をまもろう!

続きを読む

2019年

6月

16日

マダガスカルに文具の寄付をいただきました。

先日、市内の方から事務所にお電話がきました。

お話を聞くと本屋を閉店するが、鉛筆などの文房具があるからマダガスカルの子どもたちに寄付できないかということでした。

 

続きを読む

2019年

6月

13日

エコロジーオンラインがTICAD7のパートナー事業に認定されました!

エコロジーオンラインが作曲家事務所のダレシアと連携して実施しているクラウドファンディングプロジェクト『【音楽でSDGsを!】マダガスカルの子どもたちと歌って、踊って、森を守ろう!』が 第7回アフリカ開発会議(TICAD7)のパートナー事業に認定されました。

マダガスカルでバイオガスの普及を手がける里山エネルギープロジェクトも、8月28日〜30日にかけて横浜で実施されるTICAD7のオフィシャルサイドイベントに選定されており、二つのプロジェクトでTICAD7につながることになります。

続きを読む

2019年

6月

07日

佐野のNPO、マダガスカルの森林再生願いメッセージソング制作 レコーディングへCF開始

2019年6月7日、毎日新聞にチーム・マダガスカルの記事が掲載されました。

佐野のNPO、マダガスカルの森林再生願いメッセージソング制作 レコーディングへCF開始 /栃木

*クラウドファンディングはこちらからどうぞ!
【音楽でSDGsを!】マダガスカルの子どもたちと、歌って、踊って、森をまもろう!

続きを読む

2019年

6月

02日

エコロジーオンライン創立20周年企画 『【音楽でSDGsを!】マダガスカルの子どもたちと、歌って、踊って、森をまもろう! 』 6月5日からクラウドファンディングをスタート

NPO法人エコロジーオンライン(栃木県佐野市 理事長:上岡裕)は、社会課題に取り組む音楽作家事務所ダレシア(共同代表:林幹郎、片山椋)の協力を得て、マダガスカルの森林再生へのメッセージを込めた楽曲の制作を手がけることになりました。6月5日、レコーディングの諸経費を集めるためにクラウドファンディングをスタートします。

続きを読む

2019年

4月

25日

森の大切さを伝えるぬり絵を贈るプロジェクト「スマイル!マダガスカル」を始めます。

森の大切さを伝えるぬり絵を贈るプロジェクト

スマイル!マダガスカル

4月25日からマダガスカルの森を守るキャンペーンを始めます。

女子美術大学と連携してつくったぬり絵をマダガスカルの子どもたちに届けていきます。

また、ぬり絵で環境教育をするとともに現地に植樹をして具体的に緑を増やします。

ご協力よろしくお願いします。

続きを読む

2019年

4月

19日

マダガスカル帰朝報告会実施のお知らせ

3月15日~25日にかけて実施したマダガスカル支援ツアーの帰朝報告会を行います。

すでに企画している4月25日のイベント「セイロン瓜のグリーンカーテンで 夏の酷暑を乗り切ろう! @sano」の前の時間を活用し、3時15分から佐野市役所市民活動スペースで実施します。

また、3時45分からは、ゴスペル・ミューズによるコーラスの披露になります。お時間のある方はぜひ、お越しください。

続きを読む

2019年

4月

18日

現地で活動するNGO「マダガスカル・みらい」のFacebookページができました。

エコロジーオンラインと連携しながら、マダガスカルで里山エネルギーの取り組みを進めるNGO「マダガスカル・みらい」のFacebookページができました。

Madagasikara Mirai

マダガスカル語、フランス語の2つの言葉での発信を通し、エコ燃料の製造や里山エネルギースクールでの環境教育、バイオガス施設の設置、森林再生などの情報を提供して参ります。

どうぞよろしくお願いいたします。

続きを読む

2019年

4月

15日

ロバソア小学校でワークショップ上映会を実施!

3月末に里山エネルギーワークショップを行った里山エネルギースクールロバソア小学校から便りが届きました。

現地で手がけたワークショップはテレビや新聞で紹介され、都市部で話題になりましたが、ロバソア小学校ように非電化の地域にはテレビも新聞もないため、情報が届いていません。

そこでエコロジーオンラインのレポートをプリントして配布。テレビで紹介された映像をパソコンに取り込んで上映会を実施しました。

続きを読む

2019年

4月

15日

いよいよ2基目へ! 里山バイオガス

マダガスカルで2基目となる里山バイオガスの施設が完成しました。

この施設が置かれているのは、マダガスカルの首都アンタナナリボから約150km離れたソアナビナンディアナ。

エコ燃料づくりで連携しているバジル氏の妹さんの自宅横に設置。この施設から出てくる有機肥料を活用して、バジル氏が手がけているオーガニック農業と連携していくことになっています。

続きを読む

2019年

4月

08日

在マダガスカル日本大使館のFacebookでご紹介いただきました。

3月の出張で訪問した在マダガスカル日本大使館のFacebookページで、エコロジーオンラインとマダガスカル・みらいの活動をご紹介いただきました。

今回の訪問は、里山エネルギーのワークショップに加え、家畜の糞尿を適切に処理するバイオガス施設の本格的普及に向けた調査も行いました。

 

続きを読む

2019年

3月

26日

【トヨタ自動車環境活動助成レポート】バオバブの地で現地調査を実施②

この地域にはもう一つ、観光の目玉があります。それが漁業で生計を立てる海洋民族ヴェズの存在です。

ヴェズの人たちはマダガスカルの西部から南部にかけての海岸部に住み、古くからの伝統的な暮らしを守って生きています。

私たちが22日に訪れたのは多数の観光客が訪れるベタニア漁村です。

続きを読む

2019年

3月

26日

【トヨタ自動車環境活動助成レポート】バオバブの地で現地調査を実施①

環境の変化から自然死が増えるバウバブの巨木たち
環境の変化から自然死が増えるバウバブの巨木たち

今回のマダガスカル訪問の主な目標は里山エネルギーを学んでもらうワークショップを実施することでした。

里山エネルギースクールとして活動するサカイ市ロバソア小学校で実施したワークショップは18日に無事に終了し、新聞、テレビでもとりあげてもらうことができました。

その後の日程は、里山エネルギープロジェクトをさらに広げるための、現地団体とのパートナーシップの構築や調査にあてられました。

続きを読む

2019年

3月

19日

【トヨタ自動車環境活動助成レポート】里山エネルギースクールでワークショップを実施

今回のマダガスカル訪問で最も重要な取り組みは里山エネルギースクールでのワークショップです。

森林を破壊する薪や炭などのエネルギーへの依存を減らし、地域で生まれる廃棄物を活用してエネルギーを生み出すことを、地域住民に学んでもらうことが目的です。

 

続きを読む

2019年

3月

19日

【トヨタ自動車環境活動助成レポート】マダガスカルの有機農業とバイオガスがつながる未来

アンタナナリボのバイオガス施設を見学した翌日、チェンマイ大学のサッチョン教授、エコロジーオンライン、マダガスカルミライの一行はマダガスカル国内で“パパビオ(有機農業の父)”と呼ばれるバジルさんを訪ねました。

今回の訪問は翌日に実施するエコ燃料ワークショップの内容の確認でしたが、同じフィールドで活動するタイのサッチョン教授とマダガスカルのバジルさんをつなぎ、タイとマダガスカルの交流を生み出すことも一つの目標です。

続きを読む

2019年

3月

17日

【トヨタ自動車環境活動助成レポート】マダガスカルに到着! その足でバイオガス農家のギーさんを訪ねました。

エコロジーオンラインのマダガスカル支援も3年目を迎え、具体的な成果が見えてきました。

今回の3月15日から25日までの訪問は、里山エネルギープロジェクトの最初のモデルプラントとなったアンタナナリボのバイオガス施設のフォローアップ、バイオガスの事業モデルの模索、里山エネルギースクールでのワークショップが主な目的です。

続きを読む

2019年

3月

10日

【チーム・マダガスカル】3/15〜3/25の予定でマダガスカルを訪問します。

牛の糞尿から生まれたメタンガスでふくれたバイオ大ジェスター
牛の糞尿から生まれたメタンガスでふくれたバイオ大ジェスター

3月15日、エコロジーオンライン上岡理事長が日本を発ち、エチオピアのアジスアベバを経由して、マダガスカルに入ります。

今回の訪問ではマダガスカルで稼働したバイオガスプラントの視察と、里山エネルギースクールとして活動してくれているロバソア小学校を訪問をします。

 

続きを読む

2019年

3月

02日

今月訪問予定のマダガスカル 全国紙にバイオガス事業がとりあげられました。

エコロジーオンラインは、3月15日から10日間、「マダガスカルの森を守り、子どもたちに笑顔を!里山エネルギープロジェクト」の3回目となる現地訪問を実施します。

今回は里山エネルギースクールでの自然エネルギーワークショップの実施と、子どもたちとの植林を実施します。

その訪問に先立ち、3月1日、一足先にマダガスカル入りしたスタッフが現地スタッフとともに、赤十字国際委員会を訪問。バイオガスの普及に向けた意見交換を行いました

続きを読む

2019年

2月

22日

マダガスカルに「里山エネルギー」の火が灯りました。

エコロジーオンラインがSATOYAMA ENERGY PROJECTでマダガスカルに設置したバイオガスプラントにメタン発酵に十分な量の牛の糞尿が溜まり、写真のようにコンロに火が灯りました。

マダガスカルでの里山エネルギー普及事業については、現地の赤十字国際委員会も興味を示し、在マダガスカル日本大使館との連携のもと、各地にモデルプラントを設置する方向で動き始めています。

【トヨタ自動車環境活動助成レポート】マダガスカルでバイオガスの国際シンポジウムを実施しました。

 

続きを読む

2019年

1月

27日

キツネザルが絶滅の危機に!? マダガスカルを襲う気候変動 

エコロジーオンラインのマダガスカル支援で出会ったワオキツネザル
エコロジーオンラインのマダガスカル支援で出会ったワオキツネザル

米CBSニュースが様々な理由から絶滅を危惧されるマダガスカルのキツネザルの現状について伝えている。

30年にわたってマダガスカルの森の中でキツネザルを研究しているパトリシア・ライト博士によれば、彼らは人間と同じようにアルツハイマー、糖尿病、肥満などの病気にかかる。

 

続きを読む

2018年

12月

15日

【トヨタ自動車環境活動助成レポート】マダガスカルでバイオガスの国際シンポジウムを実施しました。②

マダガスカルの若者たちにバイオガスの指導をするサッチョン教授とフェトラ博士
マダガスカルの若者たちにバイオガスの指導をするサッチョン教授とフェトラ博士

いよいよ国際シンポジウムの当日。

里山エネルギー普及に共感する仲間たちがマダガスカル各地から集まって来ました。

エコロジーオンライン大和田事務局長が、日本と途上国をつないで実施する里山エネルギープロジェクト、マダガスカルに生まれた「里山エネルギースクール」を紹介するところから、シンポジウムはスタートしました。

【リリース】マダガスカルでバイオガスの国際シンポジウムを開催

 

続きを読む

2018年

12月

15日

【トヨタ自動車環境活動助成レポート】マダガスカルでバイオガスの国際シンポジウムを実施しました。①

マダガスカルの未来のため国際バイオガスシンポジウムに集まった仲間たち
マダガスカルの未来のため国際バイオガスシンポジウムに集まった仲間たち

トヨタ自動車の支援を受けて実施する「マダガスカルの森を守り、子どもたちに笑顔を! 里山エネルギースクールプロジェクト」。その第2回目となるマダガスカル訪問が終了しました。

今回の主な目的はマダガスカル国内に里山エネルギーの協力者を増やすこと。そのため、タイを中心に多数のバイオガスプラントを設置して来たチェンマイ大学のサッチョン教授をお迎えし、バイオガスの可能性について語りあうシンポジウムを企画しました。

続きを読む

2018年

11月

20日

11/16 マダガスカルのテレビ局にチーム・マダガスカルの取り組みをご紹介いただきました。

11/16 マダガスカルのテレビ局にチーム・マダガスカルの取り組みをご紹介いただきました。

 

続きを読む

2018年

11月

20日

11/16 マダガスカルのMadagascar iaza紙にチーム・マダガスカルの取り組みをご紹介いただきました。

11/16 マダガスカルのMadagascar iaza紙にチーム・マダガスカルの取り組みをご紹介いただきました。

Biogaz Une solution aux ménages ruraux

続きを読む

2018年

11月

20日

11/16 マダガスカルのMidi Madagasikara紙にチーム・マダガスカルの取り組みをご紹介いただきました。

11/16 マダガスカルのMidi Madagasikara紙にチーム・マダガスカルの取り組みをご紹介いただきました。

Projet de biogaz 50 biodigesteurs à installer en l'espace de trois ans

 

 

 

続きを読む

2018年

11月

17日

テレビ、新聞で大きな話題に! 里山エネルギー in マダガスカル

11月9日〜19日の予定でマダガスカルを訪問している「チーム・マダガスカル」の現地情報が届きました。

現地14日、首都アンタナナリボで開催したバイオガス国際シンポジウムには40名の人が集まり、盛況のうちに幕を閉じました。また、翌日のワークショップでは、バイオガスを生産するプラントの設置も終了。家畜の糞尿を活用し、調理などに活用する里山エネルギーモデルとして現地での実証実験を続けていきます。

このシンポジウムとワークショップは現地のメディアにも多数取り上げられ、バイオガスに対する関心の高さを感じさせました。

詳しいレポートは帰国後にご報告いたします。

楽しみにお待ちください。

続きを読む

2018年

11月

13日

【リリース】エコロジーオンラインが平成30年度地球温暖化防止活動大臣表彰を受賞

地球温暖化防止活動を地域で啓発するソーラーパワートラック
地球温暖化防止活動を地域で啓発するソーラーパワートラック

エコロジーオンラインの地球温暖化防止活動に対して、地球温暖化防止活動環境大臣表彰が贈られることになりました。(環境省によるプレスリリース

音楽業界と連携した啓発事業、キャラクターを通した自然エネルギー普及事業、里山エネルギーを活用した被災地・途上国支援活動などが評価されたものです。

受賞を記念して下記の講演会を開催します。

 

続きを読む

2018年

11月

08日

【リリース】マダガスカルでバイオガスの国際シンポジウムを開催

現金収入のために育てられる家畜の糞は貴重なエネルギー源だ。
現金収入のために育てられる家畜の糞は貴重なエネルギー源だ。

エコロジーオンラインの『里山エネルギープロジェクト』では、11月9日から19日にかけて、アフリカ東端に位置するマダガスカル共和国を訪れ、家畜の糞尿をエネルギーに変えるバイオガスエネルギーの国際シンポジウムを開催します。

当法人は『チーム・マダガスカル』と題する活動で森林破壊に苦しむ同国を3度にわたって訪問。現地の小学校と提携して子どもや近隣住民に小さな自然エネルギーを学んでもらう『里山エネルギースクール』の開校を準備してきました。

続きを読む

2018年

8月

20日

キツネザルの森を救え! マダガスカル植林大作戦

エコロジーオンライングループでマダガスカルを支援するプロジェクトを始めて3年が経った。

マダガスカルに関わるきっかけは、「里山エネルギー」として国内で手がけていたロケットクッキングストーブの事業化の可能性について、現地調査をして欲しいとの現地NGOからのお誘いだった。

世界最貧国の一つであるマダガスカル。果たして“ビジネス”が成り立つのか。正直、そんな疑問からのスタートだった。だが、プロジェクトを後押ししてくれたJICA OBの「田中正造が活動した栃木のあなたたちこそ、この取り組みにふさわしい」と口説かれ、手がけることになった案件だった。

続きを読む

2018年

8月

06日

「チーム・マダガスカル」プレミアムサポーターのUKCホールディングス様にてSDGsセミナーを実施しました。

8月6日、品川区大崎に本社をおくエレクトロニクス商社の株式会社UKCホールディングス様にて、当法人と協働する「チーム・マダガスカル」やSociety5.0をテーマとする社員向けのSDGsセミナーを実施しました。

月曜の朝という忙しい時間帯に関わらず、93名の社員の皆さまが参加。パリ協定、SDGs以降、大きく変り始めた企業の社会的な役割についての話に熱心に耳を傾けてくれました。

続きを読む

2018年

7月

28日

マダガスカル大使館を訪問 現地での活動を特命全権大使にご報告しました。

7月27日、港区元麻布にあるマダガスカル大使館を訪問。

トヨタ自動車の環境活動助成を受けて、エコロジーオンラインが現地で実施している活動をマダガスカル共和国特命全権大使にご報告しました。

今回の訪問をアレンジし、同行してくれたのは帯広畜産大学でバイオガスを学び、博士号を取得したフェトラ・ジュールさん。

自分の日本での体験を生かし、バイオガス事業を中心にマダガスカルの農村の発展に協力することをミレイユ大使にお伝えしました。

 

続きを読む

2018年

7月

21日

佐野市城北小学校でマダガスカルの講演会をしました。

7月19日、佐野市立城北小学校の156名の5年生たちに「ごみを見れば地球が見える」と題する講演会を行いました。

マダガスカルの森林破壊の原因の一つである薪や炭の利用を、ごみになったオガクズ、モミガラ、牛糞などから生まれるエネルギーに切りかえる取り組み「チーム・マダガスカル」と地球温暖化の問題がテーマです。

続きを読む

2018年

7月

02日

【トヨタ自動車環境活動助成レポート】 マダガスカルで里山エネルギーを普及する人材育成事業が始まりました!③

里山エネルギースクールを手がけるロバソア小学校の子どもたち
里山エネルギースクールを手がけるロバソア小学校の子どもたち

今回のマダガスカル訪問の大きな目的は、森を破壊しないエネルギー開発を、現地の皆さんに学んでもらうネットワークづくりです。

実際にエネルギー開発を手がけてくれる人たちを育て、小さな雇用までつくりたいというのが最初の目標ですが、それとともに子どもの頃から自然や森の大切さを教えることを里山エネルギースクールで手がけます。

続きを読む

2018年

6月

26日

【トヨタ自動車環境活動助成レポート】 マダガスカルで里山エネルギーを普及する人材育成事業が始まりました!②

マダガスカルでBIO PAPAと呼ばれるバジルさん
マダガスカルでBIO PAPAと呼ばれるバジルさん

羽田からおよそ30時間。

マダガスカルの首都アンタナナリボに着いたのが6月16日の深夜。17日夜にアンチラベに入り、翌日、アンチラベにある2校の農業関連専門学校を訪問しました。

19日は捨てられたモミガラ、オガクズをリサイクルしてつくるエコ燃料の製造で連携するバジルさんをソアヴィナンディアに訪ねます。車窓には日本の原風景に近い光景が広がっていました。

続きを読む

2018年

6月

24日

【トヨタ自動車環境活動助成レポート】 マダガスカルで里山エネルギーを普及する人材育成事業が始まりました!①

里山エネルギースクールの活動をするロバソア小学校の子どもたち
里山エネルギースクールの活動をするロバソア小学校の子どもたち

エコロジーオンラインは、トヨタ自動車環境活動助成の支援のもと、6月15日から23日のスケジュールでマダガスカルを訪問しました。

同国では、調理用の燃料として薪や炭が大量に使われ、おかげで森が荒廃し、土砂崩れが頻発する事態が生じています。

その被害を食い止めるため、自然エネルギーの活用技術と教育を支援する里山エネルギースクールの立ち上げを手がけます。

続きを読む

2018年

6月

04日

6月15日からマダガスカル支援の旅へ出発 マダガスカルの森を守り、子どもたちに笑顔を! 里山エネルギースクールプロジェクト

NPO法人エコロジーオンライン(栃木県佐野市 理事長:上岡裕)は、トヨタ自動車環境活動助成プログラムの支援を受け、「マダガスカルの森を守り、子どもたちに笑顔を!里山エネルギースクールプロジェクト」と題し、6月15日~23日の予定でマダガスカルを訪問します。

 

 

続きを読む

2018年

3月

27日

【講演】4/11 JICA 中小企業海外展開支援事業勉強会での事例発表

4月11日、国際協力機構(JICA)筑波国際センターが宇都宮で実施する「JICA 中小企業海外展開支援事業 栃木県内企業・支援機関等との勉強会」で、当法人の上岡裕理事長が、里山エネルギー(株)のマダガスカルでの取り組みを発表いたします。

トヨタ株式会社の環境助成を受けて6月に再訪するマダガスカルでは、里山エネルギースクールの開を通し、森や山を破壊しない自然エネルギーの開発を学んでもらいます。この勉強会ではJICAの調査事業を踏まえ、新しい一歩を踏み出したエコロジーオンラインと、里山エネルギーの協働事業の内容をご紹介します。

自然エネルギーによる途上国支援にご興味のある方はぜひ、お集まりください。

続きを読む

2017年

12月

11日

【リリース】マダガスカルでの挑戦! 環境の保全と教育で子どもたちに笑顔を! クラウドファンディングを実施します。

 NPO法人エコロジーオンライン(栃木県佐野市 理事長 上岡 裕)は、栃木銀行(取締役頭取 黒本 淳之介)の協力のもと、購入型クラウドファンディングサービスを提供するREADYFOR株式会社(東京都文京区 代表取締役 米良 はるか)を活用し、クラウドファンディングを実施します。支援の対象となるマダガスカルのロバソア小学校は、貧困を理由に月謝80円が払えない家庭が多く、200人いた児童たちが今では80人まで減少。太陽エネルギー機器と文房具を送り、小学校の支援と環境教育を行います。

続きを読む

2017年

7月

08日

【里山エネルギー】7月5日、佐野市役所でJICA中小企業支援事業報告会を開催しました。

7月5日、佐野市役所にて、エコロジーオンライングループ企業である里山エネルギー(株)のJICA中小企業支援事業報告会を開催しました。

里山エネルギーは昨年から今年の5月までJICAの採択を受けてマダガスカルで現地調査を行って来ました。

マダガスカルの過度な森林伐採などによる森林の減少が進む問題をどのように解決していけば良いのか、エコロジーオンライン代表の上岡と事務局大和田も現地を視察し、その解決の糸口を見つけてきました。

続きを読む

2017年

6月

25日

マダガスカルでの調査を終え、佐野市長を表敬訪問! 里山エネルギー

6月19日、エコロジーオンライン理事長兼、里山エネルギー(株)社長である上岡裕と、マーケティングディレクターの大和田正勝が、地元佐野市の岡部正英市長を表敬訪問しました。

JICAの中小企業支援事業に県内で初めて認定され、昨年から始まったマダガスカル共和国での自然エネルギー普及に向けた調査がこの春で一段落したご報告でした。

 

 

続きを読む

2017年

6月

18日

【里山エネルギー】7月5日、栃木県で初採択となったJICA中小企業支援事業のマダガスカル報告会を佐野市役所で実施します。

里山エネルギー株式会社は昨年2月、栃木県で初となる独立行政法人国際協力機構(JICA)「中小企業海外展開支援事業~基礎調査~」の採択を受けて「マダガスカル国ハイブリッド型ロケットクッキングストーブとエコ燃料の製造販売事業基礎調査」をスタート。

1年にわたって森林減少が進むマダガスカルでエネルギー効率の良いロケットクッキングストーブの開発と、オガクズ、モミガラを原料とするエコ燃料の事業化について調査を続けてまいりました。

続きを読む 0 コメント

2017年

5月

30日

里山バイオガスで世界をつなごう! 上岡理事長チェンマイを行く ~2~

バイオガスを設置した農家の方を中心にチェンマイ大学のみなさんと
バイオガスを設置した農家の方を中心にチェンマイ大学のみなさんと

マダガスカルの牛のウンチをどのように森を守るエネルギーに変えるのか。

この問題に解くにあたってまず最初に考えないといけないことがあります。途上国の貧しい農民を支援するのに、お金がかかるバイオガス施設は向かないということです。

政府や企業の支援で無償でつくれたとしても現地の人の手によって修理することができなければ数年後には無用の長物になってしまいます。

続きを読む

2017年

5月

23日

里山バイオガスで世界をつなごう! 上岡理事長チェンマイを行く ~1~

タイの農場で出会ったバイオガス調理器
タイの農場で出会ったバイオガス調理器

里山エネルギー株式会社はエコロジーオンラインから生まれた会社。世界のあちこちで小さなエネルギーを開発しています。

3月、JICAからの委託事業で訪れたマダガスカルでは、森を守るために薪や炭の消費を減らす商品の製造・販売の可能性を調査しました。

その訪問であちこちに牛のウンチが垂れ流されているのを見つけてしまった。なんとかこのウンチをエネルギーに変えたい!そんな思いからタイへのバイオガスの旅が始まりました。

続きを読む

2017年

5月

08日

【RADIO SAKAMOTO】田中正造「真の文明」とマダガスカル

樹々が失われゆくマダガスカルの大地
樹々が失われゆくマダガスカルの大地

3月末から4月の頭にかけてマダガスカルを訪問してきました。独立行政法人の国際協力機構(JICA)と手がけている事業の調査のためです。

このプロジェクトはマダガスカルの人たちが調理に活用する薪や炭を減らすため、燃焼効率のよいロケットクッキングストーブを導入するもの。それとともに廃棄されているモミガラやオガクズの固形燃料化の事業の可能性を調べるものです。

続きを読む 0 コメント

2017年

4月

25日

栃木市立千塚小学校で「環境」「国際理解」の授業をしました。

4月24日、エコロジーオンライン理事長の上岡裕が栃木市立千塚小学校で5,6年生対象に環境のお話をしてきました。

ポテトチップスが食べられなくなるかも。。。

そんな身近な話題から気候変動、地球温暖化の説明が始まり、その原因、対策へと話は進みました。大人にとっても少し曖昧だった問題が、わかりやすい解説で腑に落ち、先生方からも好評をいただきました。

続きを読む 0 コメント

2017年

4月

05日

【自然エネルギーで世界をつなごう!】森林破壊が進むマダガスカル 里山エネルギースクール開設へ!

マダガスカルの子どもたち。どこか懐かしいアジア系の顔立ちだ。
マダガスカルの子どもたち。どこか懐かしいアジア系の顔立ちだ。

エコロジーオンラインの活動から里山エネルギー株式会社が誕生して4年半が経った。

東日本大震災をきっかけに生まれたナノ発電所を中心に、温暖化防止教育や、防災・減災のためのツールとして、小さな自然エネルギー機器の販売を手がけてきた。

そんな里山エネルギーがJICAの「中小企業海外展開支援事業~基礎調査~」の採択を受けたのが昨年2月。以後、1年にわたってマダガスカルでのロケットクッキングストーブとエコ燃料の事業化についての調査を続けて来た。今回、その最後の現地調査としてエコロジーオンライン理事長の上岡裕が1週間の予定で現地にわたった。

続きを読む 0 コメント

«一つ前のページへ戻る