ブログカテゴリ:eolキッズニュース


海外ニュース · 09日 1月 2019
産業革命以降、私たちの文明は大量の二酸化炭素を大気中に放出してきた。 これだけ二酸化炭素が大量に排出されれば、もっと気温の上昇していてもおかしくはない。だが、そうはならなかった。私たちを温暖化地獄から救ってくれたのは海洋の存在だ。 オックスフォード大学の研究者たちが発表した最新の研究によれば、この150年の間、毎秒一個分の原爆が海に落とされたことに匹敵する熱を海が吸収してきた。
海外ニュース · 05日 1月 2019
フランスの1年はフォラグラ、スモークサーモン、生牡蠣で始まる。 だが、その伝統も風前の灯だ。気候変動によって牡蠣の生産に大きな影響が出てきたのだ。 フランスでは地球温暖化のおかげで、夏の乾燥が厳しくなり、冬は暖かくなった。牡蠣の生産にとって必要不可欠な“四季”が失われつつあるのだ。
海外ニュース · 09日 1月 2018
オーストラリアの北東岸に広がるグレート・バリア・リーフは世界最大のサンゴ礁地帯。 海水温の上昇によるサンゴの白化現象など、地球規模の気候変動に大きな影響を受けている。 このグレート・バリア・リーフを代表する生き物がウミガメだ。毎年、多くの観光客がウミガメの産卵や生態の観察に訪れる。 そんなウミガメに現在、大きな危機が迫っている。
Forest Good · 14日 11月 2017
森林づくりを国民みんなで支えるための森林環境税(仮称)の検討が進んでいます。 国民のしっかりとした理解を得るため、間伐など森林の手入れの重要性を伝える動画「聴いてみて、森林の声」を林野庁が作成しました。 森林の持つ多面的な役割や、間伐の必要性などをわかりやすく紹介しています。 ぜひ、ご覧ください。
01日 8月 2017
陸上の植物は30年前より17%多く大気中の二酸化炭素を吸収している。そんな研究が24日に発表された。 もう一つ驚いたことに彼らは水の使用を増やさずにその変化を遂げていた。地球温暖化は世界中の植物たちに水を賢く使いながら成長するような変化を生み出していたのだ。
04日 3月 2017
2月25日(土)~26日(日)、佐野市役所周辺にて第1回さのまるの日イベント「ご当地グルキャラ大作戦!~さのまるかじり~」が開催されました。 今回のイベントでは、エコロジーオンライングループ・里山エネルギー(株)所有のソーラーパワートラックをステージとして活用していただきました。
02日 3月 2017
2/26(日)、宮城県大郷町の旧味明小学校で、公益財団法人みやぎ・環境とくらし・ネットワーク(MELON)のご協力のもと、ソーラーランタンづくりと家づくりの体験ができるイベントが行われました。 この小学校はスモリ工業の手によって「たのしいおうちづくりの学校」として活用されています。
24日 2月 2017
2月25・26日に実施される第1回さのまるの日イベント「ご当地グルキャラ大作戦!~さのまるかじり~」 にエコロジーオンラインのプロジェクト「Music Go! green」が協力。ソーラーパワートラックを活用した再エネ100%のライブを手がけます。 また、ソーラーパワートラック上では佐野市の温暖化防止プロジェクト「COOL CHOICE 30...
19日 2月 2017
小・中学生や親子で、環境体験を楽しめるイベントを開催します。同時に、おうちづくりの体験もできます! このイベントでは、左の写真のようなオリジナルのソーラーランタンが作れます♪ (*作ったソーラーランタンはお持ち帰りいただけます。) 参加費は無料です。みなさまのご参加をお待ちしています!
23日 1月 2017
イギリスのシェフィールド大学の研究者たちが地球温暖化と昆虫の繁殖についての論文を発表した。 彼らの研究によれば、たとえ軽い温暖化であっても、幼虫時代に温暖化を体験すると、その時に死ぬことはないまでも、成虫になってからの繁殖力が弱まることがわかった。...

さらに表示する

«一つ前のページへ戻る