2017年、ソーラーパネルはカラフルに進化する!

“なんかどこでも一緒~!”の太陽光発電もいよいよカラフルに進化しそうです。
“なんかどこでも一緒~!”の太陽光発電もいよいよカラフルに進化しそうです。

平成24年から始まった再生可能エネルギーの固定価格買取制度で、日本のあらゆるところで太陽光発電を見かけるようになった。

「地球にやさしい自然エネルギーが増えるのは良いけれど、すべてが黒系統の同じ色のパネルなのはいかがなものか」

そう思っている人も多いのでないだろうか。

グリーンツーリズムで農村に旅行客を呼ぶのにも景観は大切。自然の緑にマッチする色のソーラーパネルはないものだろうか。


そんなことを考えている人たちが「待ってました!」と喜びの声をあげるプロジェクトがアメリカに存在する。ボストン生まれのベンチャー企業 Sistine Solar が手がける「ソーラースキン」だ。

マサチューセッツ工科大学のビジネススクールで学んでいたふたりの若者が「ソーラーパネルの見た目を美しくすると、もっと売れるんじゃないだろうか」と考えたのが創業のきっかけだ。

一般的なソーラーパネルに特定の色だけを反射する層をもう一つ上乗せしたシンプルな構造で、タイル、スレート、木製屋根などに見えるような加工を施した。この技術を応用すれば発電する芝生の屋根に変えることだって可能だ。

そこで気になるのはパネルの変換効率と価格だろう。彼らのウェブによればパネルの効率は15~17%、価格は通常のソーラーパネルにちょっと価格を上乗せすれば手に入るらしい。アメリカでは2017年からの設置を予約が始まった。

日本でもはやく農村の景観にあうソーラーパネルを見てみたいものだ。

<参照リンク>
Sistine Solar 
The New Green Roof: Solar Panels That Change Colors

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

www.eco-online.org Blog Feed

脱炭素社会の実現に向けて、具体的なアプローチを提言 (水, 19 4月 2017)
>> 続きを読む

シカゴ市が再生可能エネルギー100%を宣言! (月, 17 4月 2017)
>> 続きを読む

<体験レポート>草刈りの苦労を軽減する営農型発電を地域活力に繋げたい! (火, 11 4月 2017)
>> 続きを読む

【自然エネルギーで世界をつなごう!】森林破壊が進むマダガスカル 里山エネルギースクール開設へ! (水, 05 4月 2017)
>> 続きを読む

【事務局体験レポート】 芝浦工業大学でバイオマス・ソーラーハイブリッド電源車を体験 (火, 07 3月 2017)
>> 続きを読む

世界銀行によるクリーンエネルギー通信簿 トップはデンマーク、さて日本は? (月, 27 2月 2017)
>> 続きを読む

2016年、ヨーロッパで開発された電気は9割が自然エネルギーに! (水, 22 2月 2017)
>> 続きを読む

自然エネルギーは美しく進化する! ハチドリのような風車が誕生 (水, 15 2月 2017)
>> 続きを読む

2020年、太陽光発電と電気自動車によって化石燃料はピークを迎える! (金, 10 2月 2017)
>> 続きを読む

石炭を禁止する最初の国に! フィンランド (月, 30 1月 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る