2016年

8月

26日

米ニューヨーク州が2030年を目標に電力の50%を再生可能エネルギーにすることを決定!

ニューヨークの夜景もグリーンパワーに! Kolitha de Silva CC BY 2.0
ニューヨークの夜景もグリーンパワーに! Kolitha de Silva CC BY 2.0

世界経済・文化の中心ニューヨーク。

そのニューヨークが環境の分野でも世界をリードしようとしている。

ニューヨーク州のクオモ知事が、2030年までに電力の50%を再生可能エネルギーに転換する方針を打ち出し、それが州の委員会で承認されたのだ。

知事が掲げる野心的なプランを可能にする切り札となるのが、ロングアイランドの東30マイル沖に計画される洋上風車だ。

実現すればアメリカ最大の洋上ウインドファームとなる。この施設によってCO2の排出を抑制し、州内の雇用を生み出し、風力発電に関わる様々な産業を生み出すことを期待する。

 

この野心的なプランによって、2030年には4割のCO2の削減を達成し、2050年には8割の削減を目指す。ニューヨーク州が、アメリカ及び世界の気候変動対策をリードする未来が、そこまで来ているのだ。

さて、そのなかで原発の立ち位置はどうなるのだろう。ビジョンを描くにあたって、気候変動の専門家たちから、州内の原発を止めることで、CO2の排出が増えることが指摘された。そのため、2030年までは原発の稼働も認めるとのこと。30年以降の卒原発が期待される。

<参照リンク>
New York Approves Clean Energy Standard Mandating 50% of Power From Renewables by 2030

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

www.eco-online.org Blog Feed

【事務局体験レポート】 芝浦工業大学でバイオマス・ソーラーハイブリッド電源車を体験 (火, 07 3月 2017)
>> 続きを読む

世界銀行によるクリーンエネルギー通信簿 トップはデンマーク、さて日本は? (月, 27 2月 2017)
>> 続きを読む

2016年、ヨーロッパで開発された電気は9割が自然エネルギーに! (水, 22 2月 2017)
>> 続きを読む

自然エネルギーは美しく進化する! ハチドリのような風車が誕生 (水, 15 2月 2017)
>> 続きを読む

2020年、太陽光発電と電気自動車によって化石燃料はピークを迎える! (金, 10 2月 2017)
>> 続きを読む

石炭を禁止する最初の国に! フィンランド (月, 30 1月 2017)
>> 続きを読む

世界の名だたる企業が再エネ100%にチャレンジ! すでに11社が達成 (金, 27 1月 2017)
>> 続きを読む

インドに世界最大の太陽光発電所が続々誕生! (木, 26 1月 2017)
>> 続きを読む

太陽光発電はあと10年で石炭より安くなる! (日, 22 1月 2017)
>> 続きを読む

スウェーデンは2040年、再生可能エネルギー社会へ完全移行 (金, 20 1月 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る