米コロラド州ボルダーが100%クリーンエネルギーを宣言!

100%クリーンエネルギーを目指すボルダーの街並み Pedro Szekely CC BY-SA 2.0
100%クリーンエネルギーを目指すボルダーの街並み Pedro Szekely CC BY-SA 2.0

米コロラド州ボルダ―のスザンヌ・ジョーンズ市長は、2030年までに同市が100%自然エネルギーを採用することを約束すると発表した。

ボルダーは、風力発電や太陽光発電などのクリーンな再生可能エネルギーを採用することを約束した17番目のアメリカの都市となる。コロラド州ではアスペンに続き、100%クリーンエネルギーをする公約を掲げた2番目の都市となった。

 

この発表が行われたのは2030年までに全米の都市を100%クリーンエネルギーへ移行させることを各地で手がけるレディ・フォー・ワンハンドレッド・キャンペーンのイベントのなかでのことだった。

「ボルダーは2050年までに温室効果ガス排出量の80%削減を達成する戦略の一環として、2030年までに100%再生可能エネルギーを達成することにチャレンジをします。気候変動はまさに私たちの時代の課題であり、人々の生き方を根本的に変えてしまう恐れがあります。

私たちはすでに年を追うごとに激しくなり、頻繁に襲うようになった猛暑や、山火事、積雪の減少、干ばつ、異常気象などを体験しています。しかし、米国議会がこの気候変動問題に対処するつもりがないことが次第に明らかになりつつあります。だからこそボルダーなどのような都市がこの問題をリードする必要があるのです。

持続可能な未来をつくるため、時代遅れの汚れた化石燃料から、クリーンで再生可能なエネルギーに移行させましょう。ボルダーはコロラド州全体の模範として行動するのです」

こうスザンヌ・ジョーンズ市長は力説する。

すでにアメリカには100%クリーンエネルギーを宣言した都市が17も存在することも驚きだが、国の対応を待たずに自らが行動に移す勇気ある自治体が生まれてきていることに希望を感じる。日本の自治体でもこうした動きが広がってくることを期待したい。

<参照リンク>
Boulder Commits to 100% Clean Energy
Ready for 100 

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

www.eco-online.org Blog Feed

脱炭素社会の実現に向けて、具体的なアプローチを提言 (水, 19 4月 2017)
>> 続きを読む

シカゴ市が再生可能エネルギー100%を宣言! (月, 17 4月 2017)
>> 続きを読む

<体験レポート>草刈りの苦労を軽減する営農型発電を地域活力に繋げたい! (火, 11 4月 2017)
>> 続きを読む

【自然エネルギーで世界をつなごう!】森林破壊が進むマダガスカル 里山エネルギースクール開設へ! (水, 05 4月 2017)
>> 続きを読む

【事務局体験レポート】 芝浦工業大学でバイオマス・ソーラーハイブリッド電源車を体験 (火, 07 3月 2017)
>> 続きを読む

世界銀行によるクリーンエネルギー通信簿 トップはデンマーク、さて日本は? (月, 27 2月 2017)
>> 続きを読む

2016年、ヨーロッパで開発された電気は9割が自然エネルギーに! (水, 22 2月 2017)
>> 続きを読む

自然エネルギーは美しく進化する! ハチドリのような風車が誕生 (水, 15 2月 2017)
>> 続きを読む

2020年、太陽光発電と電気自動車によって化石燃料はピークを迎える! (金, 10 2月 2017)
>> 続きを読む

石炭を禁止する最初の国に! フィンランド (月, 30 1月 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る