2017年

1月

26日

インドに世界最大の太陽光発電所が続々誕生!

こちらはインドに誕生した1メガワットの太陽熱発電所 CC BY-NC 2.0 / Brahma Kumaris
こちらはインドに誕生した1メガワットの太陽熱発電所 CC BY-NC 2.0 / Brahma Kumaris

昨年秋、インドのタミル・ナードゥ州に世界最大の太陽光発電所が誕生した。648メガワットの出力を誇るKamuthi solar plantだけでインド国内の150,000戸の電力がまかなえる。それまでの記録はカリフォルニアのTopaz Solar Farmの500メガワット。大きく発電能力の差を広げている。

 

 

だが、Kamuthi solar plantが世界最大である日はそう長く続かない。なんとインド国内に新たに750メガワットの太陽光発電所の完成が控えているのだ。

インドでは現在、この2基の発電所の建設に代表されるように太陽光発電のブームに沸いている。2014年には3ギガワットだった太陽光発電の導入は昨年、その3倍の9ギガワットに達し、今年の予想は10ギガワットを超える。そして風力発電ではすでに世界4位となる29ギガワットの発電能力を持っている。

インドでは気候変動対策のため、2030年までに電力消費量の4割を化石燃料以外のエネルギーでまかなう計画を立てている。だが、その目標の達成は大きく早まり、2027年には使用される電気の56.5%がクリーンで再生可能なエネルギー源から生まれることになるだろう。

トランプ大統領が誕生したアメリカでは、ダコタ・アクセス・パイプラインの建設再開などで石油産業が攻勢を強めているが、多くの国々が確実に脱化石化していることは間違いない。

 

<参照リンク>

India embarks on solar power future

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

www.eco-online.org Blog Feed

2016年、ヨーロッパで開発された電気は9割が自然エネルギーに! (水, 22 2月 2017)
>> 続きを読む

自然エネルギーは美しく進化する! ハチドリのような風車が誕生 (水, 15 2月 2017)
>> 続きを読む

2020年、太陽光発電と電気自動車によって化石燃料はピークを迎える! (金, 10 2月 2017)
>> 続きを読む

石炭を禁止する最初の国に! フィンランド (月, 30 1月 2017)
>> 続きを読む

世界の名だたる企業が再エネ100%にチャレンジ! すでに11社が達成 (金, 27 1月 2017)
>> 続きを読む

インドに世界最大の太陽光発電所が続々誕生! (木, 26 1月 2017)
>> 続きを読む

太陽光発電はあと10年で石炭より安くなる! (日, 22 1月 2017)
>> 続きを読む

スウェーデンは2040年、再生可能エネルギー社会へ完全移行 (金, 20 1月 2017)
>> 続きを読む

トランプ旋風なんのその。気候変動、クリーンエネルギー満載のダボス会議が開幕 (月, 16 1月 2017)
>> 続きを読む

大統領が変わってもクリーンエネルギーの勢いは止まらない! オバマ氏が論文を発表 (水, 11 1月 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る