地域SDGs推進ネットワーク

エコロジーオンラインは20年にわたって持続可能な社会づくりをテーマに活動を続けてきました。

その活動の理念の中心には明治時代に「誰一人取り残さない」を体現した田中正造翁の存在があります。

現在では、国内での地球温暖化防止活動とともに、途上国での貧困の除去、森林再生、栄養改善、暮らしを支える小さな自然エネルギー(里山エネルギー)の普及などを手がけるようになりました。

また、3年前から始まったコンテンツフォーケアの取り組みでは、音楽などのエンターテイメントを活用した高齢者ケアを実践。健康分野での取り組みも盛んになっています。

こうした経験を生かし、地域でのSDGsの取り組みを強化するため、地域SDGs推進ネットワークを整備して活動することになりました。

まずは、栃木県佐野市の北部にあたる旧田沼町を中心にバイオマスの資源循環を中心にした活動を行う予定です。

エコロジーオンラインの本部のある佐野市も台風19号の被災を受け、気候危機に対応した持続可能な地域づくりを目指す必要があります。

そうした地域の皆さまの希望に寄り添いながら、国連が定めた2030年を目指し、SDGsの取り組みを進めていこうと思います。

ご協力どうぞよろしくお願いいたします。

エコロジーオンライン理事長
地域SDGs推進ネットワーク代表

上岡 裕

地域SDGs推進ネットワーク規約
地域SDGs推進ネットワーク規約.pdf
PDFファイル 166.3 KB

エコロジーオンラインのSDGsの取り組み

チーム・マダガスカル

小さな自然エネルギーの里山エネルギーを通して、マダガスカルでの貧困の除去、森林再生、栄養改善、雇用創造などの支援しています。

地域ESD活動推進拠点

文科省と環境省が連携して進める全国のESDネットワークの地域拠点として「持続可能な開発のための教育」の推進をサポートしています。

里山ウェルネス研究会

長野県飯山市で実施している林福連携事業。里山整備から生まれる間伐材などを障がい者とともにログファイヤー(木ろうそく)に加工しています。環境省のSDGs推進のモデル事業として選定されています。

SDGsエネルギー

持続可能なエネルギーである自然エネルギーを活用して社会課題の改善を手がける取り組みを応援しています。

コンテンツフォーケア

音楽などのエンターテイメントの力を活用して、高齢者や障がい者が笑顔で暮らせるまちづくりを手がけています。日本認知症予防学会の広報アドバイザーも務めています。

日本薬物政策アドボカシ―ネットワーク(NYAN)

エコロジーオンラインと協働する日本薬物政策アドボカシ―ネットワークは国連麻薬特別総会に政府代表団顧問として参加するなど、薬物政策をつかさどる海外NGOとも連携し、日本政府に対する政策提言も行っています。

アクション!SDGs

2020年

6月

19日

新型コロナで増すSDGsの重要性

エコロジーオンラインでは「アクション!SDGs」というキャッチフレーズのもと、国連が呼びかける持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた事業を推進している。

こうしてSDGsを掲げるようになった理由はメインの事業である地球温暖化防止を解決するために途上国の貧困問題の解決が必要になるからだ。

 

続きを読む

2020年

4月

09日

【アクション!SDGs】コロナ感染拡大防止・緊急発熱外来・遠隔医療施設 陰圧設備を内蔵した移動可能な建築確認対応型、医療コンテナ診療所 『コンテナクリニック』の販売開始!

エコロジーオンラインの会員企業である株式会社 ピースノートが、FOREMOST 株式会社が開発した移動可能な診療所コンテナクリニックの販売を始めることになりました。

コロナウイルスの感染拡大防止を目指したコンテナクリニックは、世界中どこへでも輸送が可能。国内の建築基準法もクリアできる構造を持つコンテナに、感染症拡大を防止する空間浄化設備(陰圧設備)を内蔵した移動可能な診療所です。

 

続きを読む

2020年

3月

05日

地域SDGs推進ネットワークで「さのきたバイオマスバレー」の活動を始めます!

さのきたバイオマスバレーの活動が始まります!
さのきたバイオマスバレーの活動が始まります!

エコロジーオンラインが事務局を務める地域SDGs推進ネットワークで「さのきたバイオマスバレー」を推進して行くことになりました。

まず、手がけるのは森林を中心にした地域活性化事業の『渡良瀬川流域構想』のサポートです。渡良瀬林産株式会社が掲げるこの構想は、山林の健康を守りながら、木材の地産地消・地産都消を推進し、地域を活性化させて渡良瀬の恵みを未来の子供たちへつないでいく取り組みです。

続きを読む

2020年

3月

02日

【地域ESD活動】文部科学省「学校と地域でつくる学びの未来」に掲載されました。

エコロジーオンラインが地域ESD活動推進拠点として手がけている小中高大学でのESD(持続可能な開発のための教育)授業が文部科学省「学校と地域でつくる学びの未来」のホームページに掲載されました。

文部科学省では、子供たちの豊かな学びや成長を支えるため、地域と学校がパートナーとして連携・協働することが重要だと位置づけ、国の取り組み、地域と学校が連携・協働した事例、企業・団体・大学等が学校と協働するためのツール、イベントの情報等を発信しています。

続きを読む

2020年

2月

20日

【EOLニュース】3/10 自動運転・高齢ドライバー問題・Maasに関するシンポジウムを開催します!(中止)

本イベントは新型コロナウイルス対応のため中止となりました。

東京電機大学で実施する「自動運転」のシンポジウムが近づきました。

高齢ドライバー問題の第一人者の山梨大学大学院教授の伊藤安海さん、Mr.ルマンの寺田陽次郎さん、エコロジーオンラインにもなじみの深いジャーナリスト川端由美さんを中心に、自動運転の未来や、海と陸がつながる新しいMaasの提案、高齢ドライバー問題の裏事情など、今、聞いておきたいモビリティの最新情報が集まります。

続きを読む

2020年

2月

04日

日本ーマダガスカル サカイにて2500本の苗木を植樹

マダガスカルでもっと読まれている仏語新聞「MIDI Madagasikara」に「日本―マダガスカル サカイにて2500本の苗木を植樹」として1面と4面に紹介されました。

続きを読む

2020年

2月

04日

バイオマス学ぶセミナーに20人

2020年1月25日、下野新聞に地域SDGs推進ネットワーク設立記念講シンポジウムの記事が掲載されました。

バイオマス学ぶセミナーに20人

続きを読む

2020年

1月

28日

東京で田中正造とSDGsを語りました。

1月26日、東京都渋谷区の東京ウィメンズプラザで、関東ESD推進ネットワーク 第3回地域フォーラム「SDGs・ESDでユースと創る未来」が開催されました。

30名を超すユース(小学生~大学生)の皆さんも含め、関東各地から120名の方々が集まり、持続可能な未来をつくるために熱い議論を交わしました。

エコロジーオンライン理事長の上岡裕も事例紹介で登壇。田中正造の存在とSDGs・ESDの関係について紹介しました。

 

続きを読む

2020年

1月

25日

1月22日 壬生町立北小学校で5年生と先生向けにSDGsセミナーを行いました。

今回のSDGs講演会は生徒向けと先生向けの二本立てでした。

まず初めに5年生10人にマダガスカルの状況をスライドを見てもらいながらSDGsの一丁目一番地になる「貧困や飢餓」のお話をしました。

特にマダガスカルの学校の月謝が80円、1日頑張って石を砕いて150円しかもらえない事など、お金の価値については特に驚いた様子。

国が違うとお金の価値も変わることを少しわかってもらえたと思います。

続きを読む

2020年

1月

20日

【SDGsミュージック】マダガスカルの緑をとりもどそう! 普及啓発用のCDが完成しました。

昨年、エコロジーオンラインと作家事務所のダレシアが協力してクラウドファンディングを実施した楽曲のCDができあがりました。

タイトルは「マダガスカル みらい ~森の歌をみんなで歌って踊ろう!」です

アフリカで活動するIYCOさんのボーカル、コーラスにはマダガスカルの7人制女性ラグビーチームの皆さんと、ホストタウンである郡上市の子どもたち、森を守るメッセージはマダガスカル人のフェトラさんが担当しました。

続きを読む

2020年

1月

19日

1月15日 地域SDGs推進ネットワーク設立記念セミナーを開催しました。

佐野市庁舎1階に、一社)日本有機資源協会事務局長の嶋本さんと株式会社森のエネルギー研究所代表取締役 大場龍夫さんをお招きして、お二人に講演していただきました。

初めにネットワーク代表を務める上岡裕から設立趣旨などが述べられ、ここ佐野市に生きた田中正造の言葉を引用して、SDGsの本質は古くから日本人の中にあったことが再認識されました。

 

 

続きを読む

2020年

1月

01日

【田中正造×SDGs×EOL20th】誰一人取り残さない “真の文明”を!

あけましておめでとうございます。

おかげさまでエコロジーオンラインは今年で20周年になります。

これまでは気候変動への対応をベースに国境も越えて幅広く活動を続けてまいりましたが、台風19号の被災からの復旧、その体験を生かした気候危機対応地域SDGs推進ネットワークの立ち上げなどを通して、今年は地元での取り組みが進んでいきます。

佐野市という原点に立ち戻って田中正造が訴えた「真の文明」のありかをSDGsを指針に探していきたいと思っています。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

                令和二年元旦

エコロジーオンライン事務局一同

続きを読む

2019年

12月

27日

【地域ESD拠点】ESD for 2030が国連総会本会議で採択されました。

12月19日、国連総会本会議においてESD(持続可能な開発のための教育)に関するグローバル・アクション・プログラム(GAP)の後継枠組みである「ESD for 2030」が採択されました。

「ESD が質の高い教育に関する開発目標に必要不可欠な要素であり、その他の全てのSDGsの成功への鍵として、ESDは SDGsの達成に不可欠な実施手段である(a key enabler of all the other SDGs)」と決議に明記されました。

 

続きを読む

2019年

12月

04日

地域SDGs推進ネットワークが誕生しました。

栃木県佐野市にSDGsの取り組みを広げるために「地域SDGs推進ネットワーク」を立ち上げることとなりました。

地域にパートナーシップの芽を育て、持続可能な開発を基本にした地域開発を手がけて行こう思っています。

詳しくはこちらをご覧ください。

続きを読む

2019年

11月

30日

地域SDGs推進ネットワーク設立記念セミナー「循環経済で地域を元気に!」を開催します。

2020年1月15日、佐野市役所一階の市民活動スペースにて、地域SDGs推進ネットワーク設立記念セミナー「循環経済で地域を元気に!」と題する勉強会を開催します。

講師に一般社団法人日本有機資源協会の嶋本浩治事務局長を迎え、バイオマス資源をどう地域で循環させるかを学びます。

また、佐野市内有志によって立ち上げられた地域SDGs推進ネットワークの活動のご説明もいたします。

参加は無料になっておりますのでお近くの方はぜひご参加ください。

*台風19号の被災関連事業によって会場が変更する場合はありますので、開催日が近くなりましたら、もう一度、エコロジーオンラインをご確認ください。

続きを読む

2019年

11月

21日

フォーラム「信州の地域循環共生圏づくりと協働取組」に参加します。

なべくら高原森の家(長野県飯山市)で11/23(土)、地域環境活動の協働における連携強化のためのフォーラム in 飯山「信州の地域循環共生圏づくりと協働取組」が実施されます。

飯山市で林福連携事業を手がける里山ウェルネス研究会(代表:上岡裕)も、ログファイヤーを中心とした障がい者グループとの協働事例の紹介という形で参加します。

今回のフォーラムの特徴は参加するそれぞれの取り組みが有機的につながる内容になっていることです。

さてここからどんな協働が生まれるか。お近くの方は是非、足をお運びください。

続きを読む

2019年

8月

15日

スリランカからやって来たセイロン瓜が成長しています。

7月の天候不順で苦戦していたセイロン瓜のグリーンカーテン。酷暑が続く8月に入り、セイロン瓜が大きく成長してきました。

グリーンカーテンとしては今ひとつの出来でしたが、収穫したセイロン瓜はスリランカとの交流の絆として、試食会を盛り上げてくれそうです。

8/21 11:00〜 就労支援センター風の丘にて試食会を実施します。お近くの方は是非、お越しください。

グリーンカーテンで熱中症対策&国際交流を! セイロン瓜の試食会を実施します。

続きを読む

2019年

7月

29日

“スリランカとの絆” セイロン瓜のグリーンカーテンが成長して来ました。

COOL CHOCE 30 SANOの一環で手がけているセイロン瓜のグリーンカーテンですが、佐野市のあちこちでその花が可憐に咲き始めました。

このプロジェクトでは、グリーンカーテンを通して温暖化に「適応」するライフスタイルを広げること、そしてセイロン瓜を栽培することで日本とスリランカとの絆を作ることを目指しています。

この事業は、佐野市に住むスリランカ人のチャンドラさんからセイロン瓜の栽培を提案されたことから始りました。

続きを読む

2019年

6月

26日

【音楽でSDGsを!】岐阜県郡上市へ!大使、女子ラグビー、小学生のみんなが応援してくれました!

みなさま、こんにちは。

音楽でSDGsを!】運営スタッフからダレシアの2人が、オリンピックのマダガスカルのホストタウンである「岐阜県 郡上市」を訪れました。地元の小学校では全校生徒と一緒に記念すべき最初のレコーディングも行いました。

マダガスカルから郡上市へ、7人制女子ラグビー代表チームが大会出場のため来日。そこへ私たちも機会を頂きました。本クラウドファンディングがもっと大きな価値を生み出すことを目指して、関係各所への連携づくりに尽力してきました。

【音楽でSDGsを!】マダガスカルの子どもたちと、歌って、踊って、森をまもろう!

続きを読む

2019年

6月

13日

エコロジーオンラインがTICAD7のパートナー事業に認定されました!

エコロジーオンラインが作曲家事務所のダレシアと連携して実施しているクラウドファンディングプロジェクト『【音楽でSDGsを!】マダガスカルの子どもたちと歌って、踊って、森を守ろう!』が 第7回アフリカ開発会議(TICAD7)のパートナー事業に認定されました。

マダガスカルでバイオガスの普及を手がける里山エネルギープロジェクトも、8月28日〜30日にかけて横浜で実施されるTICAD7のオフィシャルサイドイベントに選定されており、二つのプロジェクトでTICAD7につながることになります。

続きを読む

«一つ前のページへ戻る