2016年

8月

01日

チェルノブイリがグリーンパワーの聖地に変身!?

汚染されて活用されていない土地がグリーンパワーでよみがえる!? CC BY 2.0 Fi Dot
汚染されて活用されていない土地がグリーンパワーでよみがえる!? CC BY 2.0 Fi Dot

放射能に汚染されたチェルノブイリの大地が世界でも有数の再生可能エネルギー施設に生まれ変わろうとしている。

ウクライナ政府の計画によれば30年前に事故を起こしたチェルノブイリ原発の1/3に近づく発電能力を持つものになるという。

このニュースを伝えたガーディアン紙によれば、汚染されて人が住めなくなった1,000平方キロメートルの土地のうち、6,000ヘクタールを活用して、太陽光やバイオガスなどのエネルギーから熱と電気をつくりだす施設が計画されている。

 

この施設の中心は1,000メガワットの太陽光発電所と、その他の再生可能エネルギーでつくる400メガワットの発電所だ。事故を起こしたチェルノブイリ原発が4,000メガワットであったため、その1/3を越える発電量を誇るものになる。

チェルノブイリの周辺で再生可能エネルギーを手がけるのは様々なメリットがある。膨大な土地が安く手に入り、しかも都市部に電力を届ける高圧電線がそのまま残されている。

すでに福島の復興にあたって再生可能エネルギーが力を発揮している。忌まわしい事故を体験したチェルノブイリと福島だからこそ、「脱原発・脱化石」のエネルギーの未来を世界に発信しやすい。チェルノブイリと福島が世界の再生可能エネルギーをリードする時代がすぐそこに来ている。

<参照リンク>
Chernobyl could be reinvented as a solar farm, says Ukraine

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

www.eco-online.org Blog Feed

2016年、ヨーロッパで開発された電気は9割が自然エネルギーに! (水, 22 2月 2017)
>> 続きを読む

自然エネルギーは美しく進化する! ハチドリのような風車が誕生 (水, 15 2月 2017)
>> 続きを読む

2020年、太陽光発電と電気自動車によって化石燃料はピークを迎える! (金, 10 2月 2017)
>> 続きを読む

石炭を禁止する最初の国に! フィンランド (月, 30 1月 2017)
>> 続きを読む

世界の名だたる企業が再エネ100%にチャレンジ! すでに11社が達成 (金, 27 1月 2017)
>> 続きを読む

インドに世界最大の太陽光発電所が続々誕生! (木, 26 1月 2017)
>> 続きを読む

太陽光発電はあと10年で石炭より安くなる! (日, 22 1月 2017)
>> 続きを読む

スウェーデンは2040年、再生可能エネルギー社会へ完全移行 (金, 20 1月 2017)
>> 続きを読む

トランプ旋風なんのその。気候変動、クリーンエネルギー満載のダボス会議が開幕 (月, 16 1月 2017)
>> 続きを読む

大統領が変わってもクリーンエネルギーの勢いは止まらない! オバマ氏が論文を発表 (水, 11 1月 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る