2017年

1月

11日

大統領が変わってもクリーンエネルギーの勢いは止まらない! オバマ氏が論文を発表

国連気候サミット2014に参加したオバマ大統領 United Nations Photo CC BY-NC-ND 2.0
国連気候サミット2014に参加したオバマ大統領 United Nations Photo CC BY-NC-ND 2.0

8年間の任期を終えるオバマ米大統領がサイエンス誌に気候変動とクリーンエネルギーに関する論文を寄稿した。

オバマ氏はその論文で4つの理由をあげてクリーンエネルギー化の流れが止まることはないと主張。トランプ大統領による短期的な政策の変化はあっても、温暖化防止のための新技術の開発など、この分野でアメリカが世界を牽引することが国益に資すると力説した。

オバマ氏は理由としてあげたのは次の4つだ。

①CO2を減らしてもアメリカの経済が成長したこと。

②プライベートセクターで温暖化対策が進んでいること。

③化石燃料に対してクリーンエネルギーの競争力がついたこと。

④パリ協定を機に世界の潮目が変わったこと。

 

アメリカは2008年から2015年にかけてエネルギー分野からのCO2の排出を9.5%減らした。それにも関わらず経済は10%の成長を遂げている。気候変動対策に関わる業界では220万人の雇用が生まれ、化石燃料に関わる雇用110万人の2倍に成長。再生可能エネルギーの発電コストも下がり、アメリカを代表するGoogleやウォルマートのような企業が化石燃料からの卒業を発表した。

 

オバマ氏はこうして環境保護と経済成長が両立することを示し、次期大統領のトランプ氏に対して環境関連ビジネスの将来性について訴えた。エリートに対する反発から生まれたトランプ大統領だが、誰がどう見てもエリートビジネスマンであることは間違いない。クリーンエネルギーを中心とする環境関連ビジネスがアメリカにとって美味しいことを知れば乗ってこないはずはない。オバマ氏の投じた一石が次期政権にどのような影響を与えるか。しばらくは目が離せない。

<参照リンク>
The irreversible momentum of clean energy Barack Obama

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

www.eco-online.org Blog Feed

2016年、ヨーロッパで開発された電気は9割が自然エネルギーに! (水, 22 2月 2017)
>> 続きを読む

自然エネルギーは美しく進化する! ハチドリのような風車が誕生 (水, 15 2月 2017)
>> 続きを読む

2020年、太陽光発電と電気自動車によって化石燃料はピークを迎える! (金, 10 2月 2017)
>> 続きを読む

石炭を禁止する最初の国に! フィンランド (月, 30 1月 2017)
>> 続きを読む

世界の名だたる企業が再エネ100%にチャレンジ! すでに11社が達成 (金, 27 1月 2017)
>> 続きを読む

インドに世界最大の太陽光発電所が続々誕生! (木, 26 1月 2017)
>> 続きを読む

太陽光発電はあと10年で石炭より安くなる! (日, 22 1月 2017)
>> 続きを読む

スウェーデンは2040年、再生可能エネルギー社会へ完全移行 (金, 20 1月 2017)
>> 続きを読む

トランプ旋風なんのその。気候変動、クリーンエネルギー満載のダボス会議が開幕 (月, 16 1月 2017)
>> 続きを読む

大統領が変わってもクリーンエネルギーの勢いは止まらない! オバマ氏が論文を発表 (水, 11 1月 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る