カテゴリ:climatevictim


エコニュース · 14日 4月 2020
現在、私たちが直面する気候危機にしっかりとした対策が施されなければ、近い将来、生態系が崩壊し、多くの野生生物が死んでいく。 この10年のうちに失われる種もある。そんなショッキングな研究がネイチャー誌に発表された。 これまでの研究では地球温暖化による生態系への影響は徐々に訪れると考えられてきた。 だが、生態系の崩壊はずっと崖っぷちのような状態が続き、突然、その日がやってくるというのだ。
エコニュース · 13日 2月 2020
クルマを活用したヨーロッパの調査で昆虫の数が大きく減少していることがわかった。 1997年から2017年までの夏の時期にデンマークの田舎でクルマのフロントグラスに衝突する昆虫の量は8割に数を減らした。 同様にそれらの虫をエサとするツバメやイワツバメなどの数も減少したのだという。
気候危機対策事業 · 17日 1月 2020
NPO法人エコロジーオンライン主催によるセミナー『気候変動と障がい者ケア』に参加しました。 ご自身が、処方薬依存・摂食障害・アルコール依存を経験し、それを生かしダルク女性ハウスを設立し、当事者支援や東大での当事者研究事業をされている講師の上岡陽江さん。会場である就労支援センターの利用者さん始め参加者全員の意見を一人ひとり丁寧に伺い、初対面とは思えない親近感で参加者の近くに足を運び、中には感情が高まる女性の手を握りどうにか楽な気持ちにしてあげようと寄り添い、包み込むような姿勢にとても感銘しました。
活動報告 · 25日 11月 2019
台風19号の影響でエコロジーオンライングループのSDGsの取り組みが大きな被害を受けました。 長野の林福連携事業を手がける里山ウェルネス研究会の飯山の現地事務所は水没。栃木で農福連携事業を手がけ始めたアティクファームのトルコキキョウのビニールハウスがヘドロに埋まりました。 SDGsの目標の解決に向けて走っていても、ひとたび気候変動が現実のものとなればすべてが吹き飛んでしまいます。
活動報告 · 12日 11月 2019
11/11 台風被害から1ヶ月。 佐野市が主催のイベントは年末年始までほぼ中止となり、当然のことながら市内が被災の支援活動一色になりました。
活動報告 · 06日 11月 2019
11/4 スリランカの友人の会社倉庫の手伝いに。 台風から3週間、全てが泥に埋もれていた倉庫が人の力でやっと倉庫らしく蘇ってきた。 今日は生き残った商品の在庫を数え、傷の浅かった商品の泥拭き作業。
活動報告 · 02日 11月 2019
10月31日 エコロジーオンラインも参画する農業生産法人のビニールハウスが被害にあったため、就労支援センター風の丘の皆さんや市議の菅原さんとボランティアに行きました。 花卉の栽培に使っていた巨大なビニールハウス3棟の中に泥と稲藁や枝木が押し寄せた残骸を掻き出す事が当面の目標。小さい重機で社員の方が動いているので、我々の仕事は機械が入れないハウスの壁や下に詰まっている藁を手で取り去り、広い場所に出して大きな山にします。
活動報告 · 27日 10月 2019
10月24日 就労支援センター風の丘の3人が何かお手伝いしたいということだったので、先日やった友人宅の泥詰めを一緒に作業した。 18歳、20歳の青年二人と年齢不詳の歌うまのスタッフ男性は、さすが若さと力があって泥の部分がだいぶ片付いた。 翌日、風の丘の施設長からメールをもらった。 「スタッフは疲れ切って帰ってきましたが(笑)青年二人は人の役に立つということを実感したようで、なんとなく誇らしげな感じで戻ってきました」 友人夫婦からも感謝され、ボランティアの青年たちにも私にもいい時間だった。これもひとつの三方よしだな。 「しかし、土嚢袋を手にする日が来るとは思わなかったね」というのは友人との会話。 まったくである。泥が重いのであまり詰められず、袋はすぐにいっぱいになる。袋のごみも増える。 はぁ。。。人間はチマチマ何やってんだろ。と、また自然との規模の違いを前に人間の無力さを思い知らされる。
活動報告 · 22日 10月 2019
エコロジーオンラインが気候被害者支援事業でサポートしている樹李亜インターナショナルの記事が10月19日の下野新聞で紹介されました。 日本で働く外国人が増え、気候被害で被災する人たちも増えています。その一方、ボランティアに参加する外国人も出てきました。 気候被害は日本だけに起きる問題ではありません。世界の人たちとしっかりとつながり、被災に苦しむ人たちに手を差しのべられたらと思っています。
活動報告 · 20日 10月 2019
10月18日(金) 昼頃から大橋町の手伝い。と言っても倉庫から出てきた大量の廃棄商品などで細かな作業はできず、作業してくれている方たちへの食事提供のお手伝いが多かった。 当事者たちはアレもコレもで、てんてこ舞いなので、それだけでも役に立てたかな。

さらに表示する

«一つ前のページへ戻る